メイクアップの中で、アイメイクに力を入れる女性は多いはず。アイシャドウ、マスカラ、アイライナー、アイブロウとアイテムも多いので、変化を持たせやすいパーツでもありますよね。

すっぴんだと寂しげで地味な目元にも、ホリが深く見えて印象に残るようなアイメイクを施して、目力を与えたいものです。

しかし、ただアイメイクを濃くすれば良いというわけではありません。むしろ濃いメイクは老け顔の原因に。

最近のトレンドはもっぱらナチュラルメイク。重ね過ぎずに自然体に見せるメイクの秘訣は、ベースを整えておくことと、ホリが深く見えるポイントを抑えておくこと!

そこで今回は、美容ライターとしてメイクアップアーティストに取材経験のある筆者が、ナチュラルなのに立体感のあるアイメイクのコツをご紹介します。

1:目元の凹凸を引き出すアイシャドウ

膨張色のピンクや赤系カラーは、まぶたを腫れぼったく見せてしまうので避けるべき。

日本人のスキンカラーに馴染みよく、引き締めてくれるカラーはブラウンや黄色系。ラメやパール感の強いアイテムは目元を華やかにしてくれるものの、引き締める効果は半減してしまうので、マットな質感がオススメです。

まぶた全体に黄色系のアイシャドウを乗せた後、マットなブラウンを二重の幅と下目尻に少し乗せます。チップやブラシを使用した場合も、最後にブラウンを薄めるように下から上へと伸ばして2色の境界線をなくし自然体なグラデーションにすれば、ナチュラルな陰影が生まれます。

2:目の奥行きを作るには、目頭がポイント

目に奥行きを作るには、目頭を濃く、深く見せることが重要です。■1のマットな濃いブラウンは目頭にも乗せて、奥行きを強調させましょう。

また、目と眉の距離を近づけるように、眉頭の下を少し描き足して太くしてみてください。眉全体を太くしようとすると、いかにも“描いている”ようで不自然に見えがち。眉頭からほんの1cmほど下に少しだけペンやパウダーで色を乗せてみましょう。

3:ボサボサとナチュラルの境界線! 自眉を生かしたアイブロウとは

細い眉毛を見たのが最後にいつだったか思い出せないほど、近年ではナチュラルな太眉が長く支持されています。ほんの少し描き足すだけの極めてナチュラルな眉毛がベストですが、一歩間違えるとただのボサボサ眉毛に! 垢抜けない野暮ったい印象を残してしまうのは避けたいですよね。

自眉を生かしつつナチュラルな美眉を作るには、眉尻を整えることが大切。眉頭は産毛を処理する程度でも、眉尻はすっきりとシャープになるよう、バランスを整えましょう。

以上、ホリが深く見えるアイメイクのコツ3つでしたが、いかがでしょうか?

メイクを重ねることで濃く見せるのではなく、奥行きを出すポイントに色を乗せたり、形を整えてバランスを良くすることで陰影を引き出すことができますよ。

プロのメイクアップアーティストでも、パーティー系のしっかりメイクよりナチュラルメイクのほうが難易度が高いと言います。

素人の私たちが上手にナチュラルメイクを制するには、素肌の状態を良くしておくことも重要! まぶたのむくみや腫れを取るマッサージや眉処理を怠らず、好印象な目元を目指しましょう。