美しく繊細なランジェリーを身に着けるだけで、心が躍るもの。誰に見せるわけでなくても、誰かを好きになってしまったときのように、ドキドキしちゃいますよね♡

イギリスの「ソナタ・ラパリティ(Sonata Rapalyte)」は、女性をドキドキわくわくさせてくれるラグジュアリーなランジェリーブランド。公式サイトやインスタグラムにずらりと並ぶ珠玉のラインナップの中から本日紹介するのは、バックを100%シルクのリボンで結んだタンガとパンティーです。

【セクシーダイナマイトです】

前から見ると、ごく普通のレーシーなタンガ。しかしくるっと後ろを向くと、Tバックの上部に大きなリボンがほどこされておりまして、とってもロマンチックなデザインです。

 

バックスタイルだけを見るとリボンで下半身を縛っただけのようにも見えて、温泉か何かで目撃したら「わ~お!」とドギマギしちゃいそう。女性でこれだけドキドキするのだから、男性が見たら大変なことになってしまうのではないでしょうか。

Instagram Photo

【ほどきたくなるのは人の性(さが)】

人は、リボンを見るとほどきたくなる生き物。ついつい手を伸ばしてするっと結び目を解いてみたくなりそうなタンガの価格は、日本円で約7700円です。

「タンガはちょっとハードルが高い……」というみなさんには、タンガと同じくバックスタイルにリボンがあしらわれたパンティーがおススメ。

リボンに立体感があるからボトムスに響いてしまうとかなんとか、この際、野暮なことは抜き! 可愛らしくもセクシー、生まれたことに心から喜びを感じられそうなリボンタンガとパンティーを、勝負下着としてゲットしてみてはいかがでしょう♪

参照元:Sonata RapalyteInstagram @sonatarapalyte
執筆=田端あんじ (c)Pouch