スクリーンショット 2016-02-22 16.27.39
米テキサス州で行われたマラソン大会「Katy Half Marathon」において、ハーフマラソンのギネス記録を叩き出したのは……11か月の赤ちゃん!?

海外サイト「Runner’s World」および「TODAY.com」の報道によれば、ハーフマラソンはハーフマラソンでも、今回のギネス新記録が生まれたのは “べビーカーを押しながら走るハーフマラソン”

【パパと娘の二人三脚】

というわけで、実際に走っていたのは赤ちゃんのパパであるCalum Neffさん(31)。そしてベビーカーに乗車していたのが、Calumさんにとってバディとなる、愛娘のHollandちゃんです。

Instagram Photo

【前回のギネス記録から2分も早くなった!】

ベビーカーを押しながら走った彼が出したギネス記録は、1時間11分27秒。前回の記録から2分以上もタイムを縮めたその偉業に、心からの拍手を贈らずにはいられません!

【娘ちゃんは終始、おとなしくしていたようです】

「Runner’s World」に掲載されたCalumさんに対するインタビューによると、レース中、Hollandちゃんはおとなしかったようで、終盤で少し騒いだ程度だったのだそう。だからスムーズに走ることができたと、彼は話しています。

生後11カ月でチームワークの良さを発揮した彼女の力なくしては、今回の偉業はおそらく達成できなかったことでしょう。

【どんな気持ちだったのかなぁ】

なおCalumさんのフェイスブックやツイッター、インスタグラムには、ほほえましい写真が数多く掲載されているので、ぜひそちらもチェックを。

それにしても、パパと一緒にレースを走ったHollandちゃんは、一体どんな気持ちだったのかしら? 成長して彼女がどんな大人になるのか、マラソンを愛するようになるのか、今後をいろいろと想像してしまいますね……!

参照元:InstagramFacebookTwitterYouTubeRunner’s World TODAY.com
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る

オリジナル記事: ベビーカーを押しながらハーフマラソンを完走! ギネス記録を更新しちゃったパパがスゴイ!!
Copyright© Pouch[ポーチ] / SOCIO CORPORATION. All rights reserved.

●関連記事