子どもって、忙しかったり、手が離せなかったりする時に限って「ママ〜!」と言いながら泣きついてきませんか? 親としては、「なんで、あえてこんなに忙しい今なの……?」と思うことも多いのではないでしょうか。

そんな時、ついつい「今、忙しいからあっち行ってて」とか、「後にしなさい!」なんて言ってしまいますよね。これは親としては、よくありがちなことだと思うのですが、親子の関係を良好に保つためには、実はこの後の親の行動がカギなんだとか!

そこで今回は、整体ボディワーカーの山上亮さんの著書『子どものこころにふれる 整体的子育て』を参考に、“子どもの話を聞けなかった時のベストな対応方法”を紹介します。

 

■まずは素直に謝る

<子どもが何かを訴えているのに後回しにしてしまったり、無視してしまったりすることが、ときにはあるかもしれません。

そのときに「ごめんね」って子どもに素直に口にできればいいんですけど、なかなかそれができない自分もいるかと思います。>

まずは、子どもに対して“素直に謝ること”を意識しましょう。

例えば、子どもに対していつも「悪いことをしたら、ちゃんと謝りなさい」と言っているとしたら、なおさらですね。

子どもは親の行動を全て見ていますから、親がお手本になることが大切だというのです。

ただ、なかなか素直に謝ることができない場合は、次のようにすると良いようです。

 

■問題を共有する

<ちょっと間を置いてからでもいいから、「さっきおかあさん忙しくて、あなたの言うことを聞いてあげられなかったね」と先の出来事をことばにして、二人の話し合いのテーブルの上にポンとあげること。

「傷ついた/傷つけたこと」はことばにして共有するということ。「責める」のでもなく「弁解する」のでもなく、「共有する」ということ。それはとても大切なことです。>

このように、事実を子どもと一緒に言葉にして認識し合うことが大切だというのです。

こうした親子関係は、子どもが大人になっていくときに、他者との関係を作るコミュニケーション能力にも影響を大きく与えることにもなります。

人間関係づくりの練習だと思って、一緒に経験していきたいことですね。

 

以上、“子どもの話を聞けなかった時のベストな対応方法”でしたが、いかがだったでしょうか? 親にとっては、ちょっとしたことかもしれませんが、このような対応をしてあげることで、子どもが他者とコミュニケーションを取る際の手助けにもなるのですね。

“話を聞いてあげられなかったこと”を気にするのではなく、その後の対応で積極的にフォローをしてあげましょう。

 

あわせて読みたい