2017年5月29日に参院本会議で審議入り、6月15日で可決・成立した「改正組織犯罪処罰法」。

NHKニュースの報道によれば、「共謀罪」の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設するこちらの法案が成立したことによって、一定の要件を満たすことを条件に犯罪の実行前の段階で処罰可能な範囲が広がることになるのだそうです。

本日紹介するのは「共謀罪」について……ではなく、共謀罪に関する小ネタ。なんでもGoogleで「共謀罪」を検索するととんでもない結果が出てくることがあるらしく、ツイッターで大きな話題となっているようなのです。

【んなバカな! ヨドバシで「共謀罪」が買えるだと!?】

この結果文が出てくるのはGoogleの広告表示部分。ヨドバシカメラの広告として

「ヨドバシなら共謀罪も1品から送料無料でスピードお届け」と書かれておりまして、「共謀罪をスピードお届けってなんのこっちゃ!?!?!?」とちょっとしたパニックに陥ること必至なのであります。

試しに「共謀罪 ヨドバシカメラ」で検索してみたところ、全く同じヨドバシカメラのURLが出てきました。

【クリック→書籍の販売ページにたどり着く】

共謀罪が自宅に届く。しかもヨドバシエクストリームならば最短2時間30分で届く、だと……? おそるおそる、ドキドキしながらクリックしてみたところ、そこには共謀罪に関する書籍の販売ページがあったのでした。な~んだ……ってか、まあそりゃそうだよね~!

【ツイッターの声】

それにしても「共謀罪もスピードお届け」という文面のパンチの強さたるや。ツイッターには「ヨドバシやばくね」「品揃え何でもありだな」「んで値段はいくらなんだろ?」といった具合にコメントがたくさん集まっておりました。

ちなみに「Amazon 共謀罪」「楽天 共謀罪」でも検索をかけてみましたが、ヨドバシカメラのような結果にはならなかったことを、ここにご報告させていただきますね。

【これを機に自分であれこれ調べてみるといいかも】

ネットでは共謀罪に対して不安を感じているという声、憤りを感じているという声も多いよう。

世の中で共謀罪に対する興味がいっそう高まっている今だからこそ、自分なりに調べてみるのは大切なことではないでしょうか。

「ヨドバシカメラ 共謀罪」で出てきた本を読んだら、ひょっとすると共謀罪のことがわかる……かもしれませんよ。

参照元:NHKニュース
執筆=田端あんじ(c)Pouch