会社の同僚たちから「新しい年度からは、周りにこんな風に思われたい!」と理想を掲げ、新年度を境とした“キャラ変え”、つまり“デビュー”を図っていた人もいるかもしれません。

実際、ロート製薬が社会人5年目までの若手OL500名に実施した「“デビュー”に対する意識・実態調査」で、新年度からイメージチェンジをするなど「デビューをしようと思ったことがあるかどうか」と聞いてみると、75%もの女子が「ある」と回答していたのです。

新年度と言えば、職場の雰囲気が変わることによる気持ちの切り替わりや、春の高揚感も手伝って気分が前向きになりやすいタイミングでもあります。

そのせいもあってか、なんらかの“デビュー”を企んだ女子も少なくないようですね。

ところが……!? 同調査をもとに、“デビュー女子”の不発な実態と、次のリベンジチャンスについてご紹介します。

新年度の「デビュー不発女子」が約4割も!?

ところが、同調査を読み進めていくと、思うようにデビューできなかった“デビュー不発”の経験がある女子も多く、“デビュー不発”者も42%に達していたのです。

いったい、その切実なワケとはなんなのでしょうか……!?

(1)「準備の途中でなんとなく億劫になってしまった」・・・26%

(2)「準備の途中でキャラに合わないと気付いた」・・・28%

(3)「準備が面倒だと気付いた」・・・30%

こんなふうにキャラ変えを目論んだものの、実際に実行する前の“準備”の段階で「やっぱり面倒くさいわ……」と、諦めてしまっている女子は少なくなかったのです。

では、どんな要素についてキャラ変えを望んだけれど、結局は準備段階で「やーめた!」という展開になる女子がいるものなのでしょうか!?

デビュー時の印象で重要なポイントトップ3

そこで、デビュー時の印象にとって重要だと思うポイントを尋ねた結果を見てみると、トップ3には以下の要素が並んでいます。

3位:「姿勢」・・・71%

2位:「服」・・・87%

1位:「顔」・・・87%

“デビュー”を画策する女子の多くは、メイクやファッション、姿勢などに着目して“新しい自分”、“生まれ変わった自分”を演出しようと考えることが多いようですね。

しかしながら、前述のように約4割の女子がデビューを諦めていますので、「メイク変えるのやっぱお金かかりそう」「服のテイスト変えたら、かなり散財しちゃうわ」「姿勢を良くするのなんて、今さらムリかも!」などと、準備段階でアッサリやめている女子もいるのではないでしょうか。

つまり、これらのポイントについて、最後まで諦めなかった女子こそがデビューに成功する女子と言えそうです。

では、一度失敗したデビューに、二度とチャンスは訪れないものなのでしょうか?

リベンジチャンスは50%が「ゴールデンウィーク明け」!?

ちなみに、新年度初めに“デビュー不発”となってしまった場合の“デビューリベンジ”の時期について聞いてみたところ、1位は「ゴールデンウィーク明け」で50%もの女子が選択する結果に。

この連休明けに、新年度に果たせなかったデビューに再び挑戦する予定にしている女子もいるようです。

なんだか様子が違う同僚女子がいたら、不発に終わった新年度デビューのリベンジをしているのかもしれません…… !?

以上、キャラ変えを企む“デビュー女子”たちの実態でしたが、いかがでしょうか?

もし、あなた自身が“新年度デビュー不発組”だったら、ゴールデンウィーク明けを次のチャンスと捉え、リベンジしてみるのもひとつの方法です。

【参考】

※ “デビュー”に対する意識・実態調査 – ロート製薬

元の記事を表示