20170223maki001

仕事と子育てを両立するにあたっては、働きながら子育てしやすい街に住むのも手。このたび、不動産・住宅情報サイト『HOME’S』によって、「働きながら子育てするのに良さそうな街ランキング【首都圏編】」が発表されました。

あなたがお住いのエリアもランクインしているでしょうか!?

さっそく、宅地建物取引士の実務経験をもつ筆者が、同ランキングからトップ5をご紹介しましょう。

 

■5位:「東京」・・・95点 

首都圏在住者1,000件の回答を集計した同ランキングで、5位に選ばれたのは東京都の「東京」でした。

東京駅界隈はビジネス街というイメージもありながら、じつは千代田区には住宅街も存在します。

選出の理由としては、次のような声が挙げられていました。

<「保育園が多くできていて子どもたちを預けて働けそう」(66歳女性)

「職場と保育所、学校などが近い」(64歳男性)>

働くママにとって、保活は死活問題でもありますから、保育園が多そうなイメージが高順位に選ばれた理由にもなっています。

実際に希望の園に入園できるかは、その年の応募者状況にもよるだけに、悩ましいところではありますが……。

 

■4位:「二子玉川」・・・113点

続いて、同ランキングで4位になっているのは「二子玉川」で113点を獲得しています。

「ニコタマ」の愛称でもおなじみで、買い物にも便利で都心へのアクセスも良いため、ファミリー層に人気のエリアです。

選出の理由としては、次のような声が寄せられています。

<「保育園や幼稚園が居住スペースに併設されているのを見かけたので」(28歳男性)

「実際に子どもを連れた人をよく見かけるので」(39歳女性)>

仕事と子育てを両立したいママにとっては、住まいの環境も大事。ファミリー層が多いのに、繁華街にも近く都心らしい暮らしが叶う場所は、生活を豊かにしてくれますよね。

 

■3位:「武蔵小杉」・・・133点

また、同ランキングの3位には133点の得点率で「武蔵小杉」が選出されています。

神奈川県に位置しながらも、東京へのアクセスがよく、郊外都市としての魅力もあるエリア。

選んだ人々の声としては、以下のようなものが特徴的です。

<「再開発により子育て世帯が住みやすくなってきているから」(38歳男性)

「開発が進んでいて、子どもがいる世帯が集中しているので」(46歳男性)>

新しい街は、古いコミュニティがないので移住後に街に溶け込みやすいのもメリット。人見知りな性格を自覚するママにとっては、ニュータウンは魅力的な街と言えます。

 

■2位:「吉祥寺」・・・134点

そして、同ランキングで2位になっているのは「吉祥寺」で、134点を獲得しています。なんと、3位とは1点差。

このところ“住みたい街”として不動の人気を誇るエリア。有名な“井の頭公園”が近いことも、「子育ての環境として良さそう!」と思う理由になっているのでは。

実際、選んだ人の声としては以下のようなものが寄せられています。

<「井之頭公園も近いし、買い物にも便利で武蔵野市だけども環境がよさそう」(52歳女性)

「電車やバスの便が良く、商店街や学校などの施設が充実しているうえ緑や自然が豊かで環境がいい」(56歳女性)>

 

■1位:「横浜」・・・221点

そして、同ランキングで堂々1位になっているエリアは「横浜」で、ダントツの221点を集めています。

そして、トップになった理由には、働くママにとって切実な問題が関係していました。

なんと、選んだ理由として、“待機児童”がらみのコメントを寄せた人も目立っていたんです。

<「一時期、待機児童0で有名になった市であるため」(43歳男性)

「一番最初に待機児童ゼロを達成したから」(48歳女性)>

やはり、働くママにとって保育園問題は切実。希望の園に入れそうなイメージが強い場所こそ、「子育てと仕事の両立がしやすい街」というイメージが高まっている様子がわかります。

 

■保育園情報は転居前にも確認を!

トップ5の傾向を見てみると、2つのエリアは“保活問題”に関して高評価を得ていることからのランクインとなっています。

もしも、保育園への入園目的での転居を考えているならば、テレビや雑誌で得た情報を鵜呑みにするだけでなく、自治体にも問い合わせを。最新情報を尋ねれば答えてくれるはずですので、ぜひこのひと手間を忘れないでください。

 

以上、働きながら子育てするのに良さそうな街ランキングでしたが、いかがですか?

今回の調査は、“街(駅)”の回答は、入力した文字から合致する候補を提示し、その中から選ぶ選択式設問形式とし、1番目=3 点、2番目=2点、3番目=1点で算出(1番目のみ必須回答)の方法で算出されています。

なんと、“首都圏”を対象とした調査ながら、トップ5には東京都と神奈川県の街のみが選ばれていました。「仕事と家庭を両立しにくい!」と感じているならば、引っ越し候補の参考にしてみてください。

 

【参考】

あわせて読みたい

ワーママには切実!「働きながら子育てしやすい街」トップ5が判明BizLady(ビズレディ)で公開された投稿です。

元の記事を表示