今年の父の日、あなたは何を贈ろうと思っていますか? また子どもはお父さんに何かプレゼントをする予定ですか? この日を前にパパたちはどんなことを考えているのでしょう。今回はドイツ・ケルヒャー社の日本法人、ケルヒャージャパンが小学生~高校生の子どもをもつ男性300名を対象に実施した「父の日」に関するアンケート調査結果をご紹介します!

半数以上が去年“父の日のプレゼントなし”!

調査ではまず、お父さんたちに「昨年の父の日にプレゼントをもらいましたか?」と尋ねると、「いいえ」と答えた人が52%、「はい」が42%に。そして何と「わからない/覚えていない」という人が6%も!

「もらっていない」と答えたお父さんたちからは、

・「基本父親の扱いはぞんざいだなということ」(50代・男性)
・「父の日を完全に忘れていた」(60代・男性)
・「母の日より、トーンがダウンする。比べると質が違う」(30代・男性)

と悲しげな声が……。

もしかしたら、子どもに忘れられたのは、普段から家にいないことが多く、存在感が薄いからかも!?

しかし「もらった」というお父さんも、子どもたちからのプレゼントで困ったことがあるようです。

・「禁煙中のタバコ」(50代・男性)
・「若すぎる洋服をもらった」(50代・男性)
・「虫。あまり好きでないので困った」(50代・男性)

という声が挙がりました。

自分の好きなものをお父さんにあげようと思ったのでしょうか。“虫”を贈られたらビックリするでしょうね!

平日子どもと過ごす時間“1時間未満”が半数以上

「父の日にプレゼントをもらえなかった……」と嘆くお父さんは世に多いようです。子どもたちに忘れられた存在になってしまっているとしたら……。

ではお父さんたちが普段子どもと一緒に過ごす時間はどの程度なのでしょうか。

「平日にお子様と過ごせる時間は1日平均どのくらいですか?」と尋ねると、1位は「1時間以上2時間未満」(26%)、次いで「30分以上1時間未満」(23%)、「15分以上30分未満」(19%)、「15分未満」(14%)という結果に。

子どもと過ごす時間が毎日1時間未満、という場合が56%と半数以上を占めています。母親が子どもと過ごす時間が長いことを考えると、これではいくら頑張って仕事をしてお金を稼いでも“母の日”に負けてしまうことは無理がないかもしれません!

お父さんが本当に喜ぶプレゼントとは?

ではお父さんたちはどんな父の日のプレゼントを嬉しいと思うのでしょうか?

楽天が20代~40代の男女300名(子ども側)と、50・60代の男性100名(父親側)を対象に実施した「父の日」に関する意識調査によると、お父さんがもらって嬉しいと思うプレゼントは、

3位・・・ファッション小物(18.0%)
2位・・・趣味の道具(20.0%)
1位・・・お酒(28.0%)

という結果に。

しかし子どもが小さい場合、このようなプレゼントを買う予算があるとも思えないので、既に働いている子どもが贈るプレゼントとしてはちょうどいいかもしれません。

お父さんたちがまだ幼い子どもたちから贈られたプレゼントで嬉しかったものは、

・「父の日に息子と娘で手作りのカレーを作ってくれて家族で一緒に食べた事で、子どもたちとの親睦が深まったと感じている」(20代・男性)
・「子どもが幼稚園の頃に粘土で作ったお父さん像を貰った。よくわからない形だったが作ってくれたことが嬉しくデスクに飾っている」(40代・男性)
・「まだ字を覚えたての時に一生懸命書いた手紙を大事にとってあります」(50代・男性)

と、お父さんへの愛情が詰まった世界にひとつだけのプレゼントだったそうです。

実際筆者の知人も小学校低学年の子どもが「学校の授業で父の日のカードを作ってくれた。誤字脱字だらけだったけど、一生懸命書いてくれたと思うと、けなげで純粋な愛情に泣けてきた」と話していました。

子どもがまだ小さい場合は、お母さんが父の日のカードやプレゼント作りを薦めましょう。必要であれば手伝ってあげてください!

いかがでしょうか?

1年に1度の父の日、いつも一生懸命家族のために働いてくれるお父さんをねぎらい、感謝の気持ちを表現してあげてくださいね!

(ライター 相馬佳)

【参考】

「父の日」に関するアンケート調査 – ケルヒャージャパン

「父の日」に関する意識調査 – 楽天

あわせて読みたい