最近だんだんと耳にすることが増えてきた“ストレスチェック制度”。みなさんは、この制度の概要をご存じでしょうか?

この制度は働く人に対し、1年に1回、“こころの健康状態”を把握してもらうために行われるものなんだそうです。

近年、うつなどのこころの病にかかる方が増えてきていることから、2015年の12月から一定規模の会社でこの“ストレスチェック”の実施が義務になるとか!

そこで今回は、“ストレスチェック制度”に詳しい中小企業診断士・社会保険労務士の上江誠さんに、制度の概要と注意点について教えていただきましたのでご紹介します。

 

■ストレスチェックは“こころの健康診断”

「ストレスチェック制度は、“こころの健康診断”といえます」と上江さんは話します。

「お勤めの方は、1年に1回、健康診断を受診されますよね。ストレスチェック制度も、1年に1回、心理的な負担の程度(こころの健康状態)を測るために、会社が行います」

ただし、2015年12月時点において、すべての会社が対象というわけではなく、“社員50人以上”の事業場が実施義務の対象とのこと。それ以下の規模では“努力義務”となり、その場合はストレスチェックが実施されないこともあるそうです。

 

■ストレスチェック制度の3つのポイント

ストレスチェック制度は、主に次の3つから成り立っているとのこと。

(1)ストレスチェック

(2)面接指導

(3)集団分析

「大まかな流れとして、ストレスチェックを受け、その結果、高いストレスの状態と判定され、面接指導が必要とされた方は、“本人からの申し出”により、面接指導を受けることになります。また、面接指導の結果は会社側も把握する必要があり、必要に応じて、働く上での配慮がされることになります」

「一方で、職場のストレスの原因は個人的なもののほか、“職場環境”によることもあります。そのため、努力義務ではありますが、部や課などの組織単位でストレスチェックの結果を集計・分析し、職場環境の改善につなげることが望まれています」とのこと。

 

■健康診断と異なる点に注意!

「冒頭で、ストレスチェックは“こころの健康診断”と述べましたが、実は、健康診断と異なる点もあります」と上江さん。

(1)ストレスチェックの結果は、会社に提出する必要はない

「ストレスの程度というとてもデリケートな情報ですので、会社に知られたくないという方もいますよね。会社は、ストレスチェックの結果を把握する際には、必ず“本人の同意を得る”ことになっています。これは、原則本人の同意なく結果が取得できる、健康診断とは大きく異なる点です」

(2)ストレスチェックを受けることは、必ずしも社員の義務ではない

「これも、社員に受診の義務がある健康診断とは異なる点です。

ただし、これは既に、こころの病気で会社をお休みしている方などに対する、こころの負担への配慮という意味合いのものです。通常お勤めされている社員の方は、基本的にはストレスチェックを受けることになります」だそうです。

 

いかがでしたか?

最後に上江さんは、「ストレスチェックは自分の“こころの健康状態”を知る、いい機会だと思います。ぜひ、多くの方に受けてもらいたいですね」と述べていました。

「最近、ストレスを感じているなぁ~」という方は、今のうちからストレスを減らすようにしていきたいですね。

 

【取材協力】

※ 上江誠・・・Hand in Hand コンサルティング 社会保険労務士事務所代表。関西大学社会学部社会学科産業心理学専攻、卒業。中小企業診断士・社会保険労務士、第1種衛生管理者、メンタルヘルスマネジメント検定などメンタルヘルスに関する複数の資格を保持し、企業向けメンタルヘルス専門の社会保険労務士事務所を東京千代田区に開業。ストレスチェック制度導入のコンサルティング、メンタルヘルス不調社員の職場復帰について、企業側の相談・支援のほか、セミナーや雑誌・Web媒体への記事執筆など幅広く活動をしている。『マイベストプロ』で記事執筆中。

あわせて読みたい

元の記事を表示