伝統工芸と聞くと、少々敷居が高いように感じてしまう……なーんてみなさんにおススメしたいのが、螺鈿(らでん)を使用したジュエリー。

螺鈿とは伝統工芸に使われる装飾技法のひとつで、漆器や帯、仏具のほか、茶道具などにも使われるそう。独特の虹色の輝きを活かした、華奢で繊細なネックレスやピアスやイヤリングに、気がつけば魅せられてしまうこと間違いなしです♪

【天然の輝きがキラキラ美しい…】

クラウドファンディングサイト「Makuake」に登場しているのは、「華奢で洋服に沿うようなジュエリー」をテーマにプロデュースされた「MARI NOMURA」ブランドの螺鈿ジュエリー。のむら まりさんという女性の職人が手がけています。

螺鈿の材料は、貝殻の内側で虹色に光る真珠層の部分が使われますが、これは天然素材なので、同じ色のものがないそう。

このジュエリーでは、あわび貝の「ほんの一握りしかない厳選された部分のみ」が使われているんですって。唯一無二の、虹色の輝きを放っています。

【わたし的お気に入りは「バラ」模様】

漆塗りの小さな正方形にデザインされているのは、いちまつ文様うろこ文様、そしてバラの模様。色は青系、もしくは赤系があるようです。

一見するとチェックに見える「いちまつ文様」も、厄除けとされている三角形が規則正しく並んだ「うろこ文様」も、キラキラでモダンでハイセンスで、甲乙つけがたいほど魅力的です。

なかでも、わたしがもっとも「可愛い~!」と思ったのは、京ものユースコンペティション準グランプリを受賞したという「バラ」。ひとめ見ただけで、今まで伝統工芸に対して抱いてきたイメージががらりと変わってしまうほどのインパクトでした。洋服にも着物にも合いそうなデザインが、たまりませ~ん♡

【男性向けの商品もありますよ~】

商品は先に挙げたネックレスやイヤリングのほか、男性用としてタイタックとタイピンの2種類がラインナップされています。

このプロジェクトは目標金額の達成の有無にかかわらず、申し込んだ時点で売買契約が成立するもの。ジュエリーをゲットできる支援コースは税込み1万3000円からとなっています。誕生日やクリスマスのプレゼントにも、もってこいだと思いますよぉ~!

参照元:Makuake
執筆=田端あんじ (c)Pouch