仕事が忙しいときほど、お肌の調子がイマイチ……と感じることはないだろうか?

人間関係や、業務そのものへのストレスも感じながら、ポツポツと出てくる“吹き出物”を鏡で発見してしまい、ガッカリしたことのある女性も少なくないだろう。

お肌の調子が悪いと気分まで落ち込み、憂鬱になる人も少なくないだろう。そんなことにならないように、仕事が多忙なときでもお肌を良い状態にキープするには、どんなことが必要なのだろうか?

今回は、資生堂の化粧品専門店ブランド『ベネフィーク』が実施した調査結果を参考に、多忙な時期にも美肌をキープできるとっておきの秘訣について、美容家の筆者からご紹介しよう。

 

■現代女性の7割は睡眠不足!?

同社が618名の女性を対象に、自身の睡眠時間について質問をしたところ、71.7%が「日常的に睡眠不足を感じる」、「睡眠不足を感じたことがある」と回答したという。現代女性は睡眠が足りていないと痛感している女性も少なくないようだ。

同時に、睡眠がとれないほど多忙で、お手入れがおろそかになっている状態も推測できるため、肌状態が良くないとわかってはいるものの、しっかりと睡眠やお手入れの時間を確保するのが難しい現実もあるのではないか、と同調査では分析する。

仕事を優先するがあまりに、お肌のお手入れ時間がとれなくなってしまうことが、多忙な日々の肌荒れに影響を与えている可能性もあるのだ。

 

■お肌トラブルの原因は●●の不足!?

一方、睡眠不足による肌トラブルの症状を尋ねてみると、「クマ」が最も多く57.3%、次いで「くすみ」が47.9%、「にきびや吹き出物」が39.3%、「乾燥」が35.6%と並ぶ。

クマやくすみのある顔は、それだけで“お疲れ顔”や“老け顔”になるので、鏡を見て憂鬱な気分になる女性も少なくないが、どうやらその原因は、“睡眠不足”も少なからず影響しているようだ。

つまり、仕事が多忙でストレスを感じる時ほど、“お手入れ”と“睡眠不足”をより意識することで、にきびや吹き出物、クマやくすみなどを解消する効果が期待できるので、働く女性としては、ぜひ意識しておきたいところ。

 

以上、多忙な時期でも美肌をキープできるとっておきの秘訣をご紹介したが、いかがだろうか?

仕事が忙しいときは、睡眠やお手入れがおろそかになりがちなのだが、そんなときこそいつもよりも念入りにお手入れすることを心がけてみると、お肌へのダメージを軽減する効果が期待できるのだ。

基本的なことなのだが、仕事に追われるときほど、忘れがちになるポイントでもある。

「帰宅後は、一刻も早く眠りたい……!」という心境になるかもしれないが、お肌のお手入れだけはシッカリと行い、その上で一刻も早く眠ること、これが多忙な日々でも美肌をキープするコツといえるのではないだろうか。

 

【参考】

あわせて読みたい

元の記事を表示