今ネットで可愛すぎると話題になっている食パンがあります。それは、うさぎの形をした「うさぎ食パン」です。

このうさぎ食パン、輪郭がディック・ブルーナのミッフィーにそっくり! というわけで、このウサギ食パンで、ミッフィーのフレンチトーストとサンドイッチを作ってみたのですが、あまりの可愛さに 悶 絶 !

しかし、可愛いだけじゃなく、味もめちゃめちゃ美味しいのです!

【売っているのは日本でここだけ!】

販売しているのは、東京都杉並区の新高円寺駅から徒歩5分にある「ベーカリー兎座LEPUS」です。

公式ブログによると、ウサギ食パンは、1日24本〜32本限定で販売。開店時間の10時に8本が店頭に並び、その後、11時、15時、17時に8本ずつ焼き上げているのだそうです。お値段は、1斤300円。ちなみにウサギ食パンはカットしたもの(6枚切り)と、カットしていないものの2種類があります

【行列ができている?】

今回、姉妹サイトロケットニュース24の佐藤記者がウサギ食パン買ってきてくれたので、混雑具合を聞いてみると、オープン時間までに並んでいたのは、6人ほどだったそうです。

【ふわっと柔らかく甘い】

大きさは普通の食パンと同じくらいのサイズ。生地はふわふわと柔らかいのですが、パンを折り曲げても、ウサギの形は全く崩れずしっかりとしています。

まずそのままで食べてみると、食感は軽く、ほのかな甘みがあります。軽くトーストしてみると、より甘くバターの香りをほのかに感じました。

【ミッフィーのフレンチトーストなど作ってみた】

このかわいいウサギ食パンで、サンドイッチとミッフィーのフレンチトーストを作ってみました。

すると……罪深い可愛さにトキメキが止まらないぃいい! 神ってる…可愛さが神ってるよぉお!

ウサギ食パンの細長い耳の部分は、フレンチトーストの液につけると崩れやすくなるかなーと心配でしたが、全く問題ありませんでした。

また、サンドイッチを作る時は耳の部分にも具を入れるのがオススメ。生地がしっかりしているので、シナシナ〜となってしまうこともありませんでした。

そして……どちらも心が満たされるほど美味しい。

東京の名物パンにもなりそうなウサギ食パン。食べる前からすでに幸せいっぱいになるので気になる方はぜひ買ってみてください♪

・ベーカリー兎座LEPUS
住所:東京都杉並区梅里1丁目15−13
営業時間:10:00~19:00
定休日:月曜、第2・4火曜日

※情報はすべて2017年3月10日現在のものです

参照元:ベーカリー兎座LEPUSのウサギぱん日和
撮影・執筆=百村モモ (c)Pouch

元の記事を表示