「六花亭」の包装紙柄塗り絵ができるもの心の叫びを表現したものなど、数え切れないほどさまざまなデザインがあるマスキングテープ。かわいいだけじゃ済まされない感じが余計にコレクター心をくすぐりますヨネ!

さて、このほど鹿児島県・奄美大島の伝統工芸品、大島紬(おおしまつむぎ)をモチーフにしたマスキングテープが新発売されたもよう。懐かしい雰囲気なんだけどカラフルで、コレクションに加えたくなりそうですっ!

【大島紬がマステになったよ】

大島紬のマスキングテープは、大島紬の魅力を発信するブランド「紬POP(つむぎぽっぷ)」の最新アイテムとして登場したようです。

大島紬といえば、着物を着る人にとっては憧れの品。手で紡いだ絹糸を泥染めしたものを手織りしているので、出来上がるまで時間と手間がかかります。さらに、いいお値段でも基本的には礼服としては着られないので、贅沢なおしゃれ着なのだとか……。

【代表的な2つの柄がモチーフ】

モチーフになっているのは、大島紬の代表的な柄である「龍郷柄(たつごうがら)」と「秋名バラ柄(あきなばらがら」。それぞれの持ち味を活かしつつカラフルにアレンジした、温故知新系デザインがナイスです!

 

カラーは「龍郷柄」が赤・青、「秋名バラ柄」が黒、水色の2色展開で、価格は各500円(税抜)。アビコムデザインの公式通販サイトのほか、奄美大島のおみやげ店などでも販売予定とのこと。

アビコムデザインでは今後、奄美大島ご当地マスキングテープのシリーズ化を目指しているらしく、10種類以上のラインアップを計画中なのだとか。そちらも楽しみです♪

参照元:プレスリリースアビコムデザイン
執筆=夢野うさぎ (c)Pouch