ダメだと分かっているけど、ついつい子どもに怒鳴ってしまったり、怒鳴った後に自己嫌悪に陥ってしまったり……。子育てをしてれいれば、誰でも経験することですよね?

もちろん、子どもに対して怒鳴りたくて怒鳴っているママはいないと思います。しかし、この“子どもを怒鳴る行為”は、ママが思っている以上に子どもに悪影響を与えてしまっているそうなんです。

そこで今回は、『WooRis』の過去記事「子どもの成長に悪影響!? いくらイラついても怒鳴っちゃダメな理由3つ」や海外の情報サイト『The Indus Parent』などの記事を参考に、“子どもに対して感情的に怒鳴ってしまう”ことが絶対NGな理由2つをご紹介します。

 

■理由1:暗い子どもに育ってしまう

親にいつも怒鳴られている子どもは、自分の感情にうまく対処することができなくなってしまったり、その感情を一人で抱え込んでしまったりするために、“家庭内で孤独を感じるようになってしまう”そうです。

もし家で子どもが一人でぼーっとしていたり、「様子がおかしいなあ……」と思ったりしたら、普段からできるだけ子どもに寄り添うようにしてあげましょう。

怒鳴りたくなった時に、一呼吸置いて子どもの言い分を先に聞いてあげるのも良い方法です。

 

■理由2:親との信頼関係が無くなる

ちょっと矛盾するように感じるかもしれませんが、普段から親が怒鳴ってばかりだと、初めこそ親の言うことを聞くかもしれませんが、だんだんと何を言っても、言うことを聞かなくなってきてしまいます。

親に怒鳴られてばかりだと、最終的には子どもは親のことを拒絶したり、信用しなくなったりしてしまうのです。

もし、まだ子どもが小さいのなら、あまりそうした態度をとらないかもしれませんが、子どもがだんだん大きくなってきた時に親との信頼関係が作れなくなってしまうのです。

もちろん、親は子どものためを思って、注意したり、怒ったりしていると思うのですが、そうした気持ちも全く伝わらなくなってしまいます。

少なくとも感情的になって怒鳴るのはやめて、子どもの言い分をまず聞く、理由を説明するなどして、子どもとの信頼関係がプラスになるような怒り方を工夫しましょう。

 

以上、“子どもに対して感情的に怒鳴ってしまう”ことが絶対NGな理由でしたが、いかがだったでしょうか?

子育てをしていると、ついつい子どもに怒鳴ってしまうことが多いと思いますが、これがネガティブな影響を与えてしまうことが多いようです。

月並みではありますが、親子ともども、できるだけ楽しく、明るくポジティブに行くように心がけてください。

(ライター 吉田和充)

 

【SPONSORED注目記事】

※ まがいもの…に要注意!乾燥ケアの新常識「美容オイル」の正しい選び方

※ オバ顔の原因はコレ!「9割の女性が悩む」肌トラブルを改善する驚異の成分とは

 

あわせて読みたい