“ロック(The Rock)様” ことドウェイン・ジョンソンさんは、プロレスラーとしての顔も持つマッチョイケメン俳優。

196cmという高身長と屈強な体、つるっとまぶしいスキンヘッドがチャーム(?)ポイントのロック様は、現在公開されている映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』にルーク・ホブス役として出演。同シリーズでは過去数作品に渡って、規格外の強さを見せつけています。(例えば、腕に力を入れただけでハメてたギプスぶっ壊すとか)

泣く子も黙るロック様ですが、娘にはと~~~っても甘いよう。

【ロック様、ピカチュウになる】

パートナーである歌手のローレン・ハシアンさんとの間に生まれた女の子・ジャスミンちゃんは、現在約1歳半と可愛いざかり。イースターの日、ロック様は自らジャスミンちゃんの好きなピカチュウへと変身して、追いかけっこをして遊んでいたようです。

Instagram Photo

【ロック様がお疲れ気味の理由とは…】

ピカチュウと化したロック様(デカい)は、ひたすらにジャスミンちゃんを追いかけ続けます。しかし途中、頭の部分を取り外してカメラを向き「クレイジーだぜ」とこぼしておりまして、かなりお疲れのご様子です。そういや心なしか、足取りも重た~いような……。

それもそのはず、ロック様は娘が望むまま、かれこれ2時間も着ぐるみを着たまま追いかけっこをしていたそうなのです。

【イクメンの鏡ですね】

追いかけっこの様子をとらえた映像を投稿したインスタグラムで、ロック様は「今日は唯一の休日で、オレは暑いし疲れている。そのうえホッブズ(愛犬)は、オレの足に何度もおしっこしようとしている」とボヤきます。

しかしその一方で、「でもこういう時間すべてが好きだ。やってやろうじゃないか、だってコレはパパの仕事だからね」と締めくくっている点に、胸キューーーン! 元々大好きだったけど、その一言で、ますます好きになっちゃったじゃないの~!

愛犬におしっこをひっかけられるかもしれないというスリリングな状況のなか、愛娘のためピカチュウ役に徹し続けたロック様は、男の中の男。イケメンでイクメンのロック様に、幸多からんことを~!

参照元:Instagram @therock
執筆=田端あんじ(c)Pouch

元の記事を表示