集英社週刊ヤングジャンプ連載中、石田スイさんによる漫画『東京喰種 トーキョーグール』が映画化され、2017年7月29日(土)、窪田正孝さん主演で全国公開されます。

これを記念して、東京・池袋PARCO本館7階にコラボカフェが登場。5月27日(土)から6月28日(水)まで、個性豊かなキャラクターたちをイメージしたコラボレーションメニューを食べることができるほか、原作公式新作グッズの先行販売なども行われるんですって。

でも……このコラボカフェ、メニューがぜんっぜんフツーじゃないっ!

【メニューがなんかもうすごい】

『東京喰種トーキョーグール』の舞台は、現代の東京。人の姿をしながら人肉を喰らうことで生きる怪人「喰種(グール)」をテーマにしたダーク・ファンタジーです。

喰種は人肉を喰らう、ということで多少は予測できたけれど……やっぱりというか、当然というか。どのメニューもかなりグロいルックスです。とにもかくにも、まずはメニューの一部をご覧になってみてくださいよ。

【あなたならどれを注文する?】

「カネキの隻眼カレー」(1280円 / 以下すべて税抜き価格)
・主人公であるカネキの隻眼をイメージしたカレー。赤みがかったカレーらしきものの上に黒っぽいご飯がドーン。ご飯の形は目にそっくりで、中心には真っ赤な目玉がぎょろり。こちらをじーっと見つめています。ちなみにこちらを注文すると、カネキのマスクを試着して写真撮影できるんだって!

「本当にこれを食べるのか……?バーガー」(1480円)
・アルミのトレイの上に茶色い袋が無造作に置かれただけ、というカフェメニューとは思えない見た目が特徴。カネキが喫茶店「あんていく」で芳村マスターに初めてもらった “お肉” をイメージしているそうです。……って、まさかこれ人肉……じゃないよね? ちなみに、バーガーだけじゃなく、ポテトとサラダも別添えでついてくるそうです。

「ヒナミのハンバーグ」(1680円)
・「喰種」のヒナミが「あんていく」で食べていた “お肉” をイメージ。ということは、もしやこれも……? 添えてあるウインナーの形にも、よ~く注目していただきたいところ。なんだか、爪みたいに見えるものが……。

「まずいサンドイッチ」(480円) *フードまたはデザートを注文した人のみオーダー可能
・いやいや、「まずい」って言っちゃダメでしょ! 「喰種」は人間の食べ物を食べない(水とコーヒーを除く)、ということからこういった名前になったようですが、ネーミングが斬新すぎる〜。

「月山の目玉ムース」(1280円)
・喰種対策局から「美食家(グルメ)」と呼ばれている、月山財閥の御曹司・月山習。狙った人間の目玉だけをくりぬいて持ち去ったこともある月山ですので、こういったメニューが生まれたのではないかと思われます。

ちなみに、これはもちろん本物の目玉ではなくて、チーズムースです。

【ツイッターもザワついております】

え~、いかがでしょうか。どれもこれもパンチが効いてますよねぇ。

メニューの全貌を知ったツイッターユーザーのみなさんも、一斉にザワザワ。「ネーミングセンスを疑うんだけど(笑)」「ウインナーこええ(笑)指やん(笑)」「せめて、サンドイッチは『店長が普通に食べたサンドイッチ』にしろよ(笑)」といった具合に、多くの声が寄せられておりましたよ。

【映画に使われた衣装の展示もあるってよ~!】

そのほかにも、「喰種」が人肉を摂取するたび溜め込まれる「Rc細胞」をイメージした、タピオカ入り「RC細胞ドリンク」(880円)や、人間を捕食する際に体内から放出する「喰種」特有の武器「赫子(かぐね)」をイメージした「トーカのゼリードリンク」(1080円)など、一瞬ひるんでしまうメニューのオンパレード!

さらに「カフェを利用すると特製ランチョンマットが1人1枚もらえる」「ドリンクの注文で全10種あるオリジナルステッカーの中からランダムで1枚もらえる」といったお楽しみもあるそう。ファンのみなさんはこの機会に出かけてみてはいかがでしょうか♪

またコラボカフェでは、映画『東京喰種トーキョーグール』の衣装展も開催される模様。こちらは5月31日(水)から6月28日(水)までとのことですので、ぜひ合わせてご覧になってみてくださいっ。

参照元:プレスリリース、東京喰種カフェTwitter検索「東京喰種カフェ」
執筆=田端あんじ(c)Pouch

元の記事を表示