働いていると、つい仕事と自宅の往復だけになってしまいがちだが、そうなると生活にもメリハリがなくなってしまう。逆に、美容だったり趣味だったり、何か特別に“好きなコト”があると、生活にもメリハリが出る。

少し前から“朝活”という言葉が流行っているので、出社前の時間を自分のために使っているという人もいるだろう。しかし『BizLady』の「みんなホントは…!? 働く女性の“平日の朝活”その意外な実態とは」でお伝えしたように、“朝活挫折組”も意外と多いのが実態のようだ。

そこで、“朝活”以外にも取り組みたい、働く女性の毎日の充実度をグンと上げてくれる3つの“●活”について、ランキングサイト『gooランキング』での調査情報を参照しつつ、ご紹介しよう。

 

■1:寝活

『gooランキング』の「増殖する“●活”・・・即、実践したい活動ランキング」で4位に選ばれたのは、“寝活”だ。寝活とは文字通り、“寝る”ことを目的とした活動だが、寝不足を解消したい人にうってつけの活動なのだ。

残業続きで、休日もクタクタで起きられない……とお嘆きの方は、無理してまで“朝活”するのではなく、あえて“寝活”に走るのもいいだろう。

「私、“寝活”してるんだ~」と宣言することで、昼寝や二度寝も素敵な“活動”に見えてくるので不思議だ。

 

■2:温活

そして、同ランキングの3位にランクインしたのは“温活”。文字通り、冷え性改善に取り組む活動だ。

女性には冷え性が多いといわれるが、気温が高い季節であっても、オフィスや通勤中の冷房によってカラダが慢性的に冷えてしまうことがある。

冷えを放置すれば、むくみや肌のくすみの原因にもなりかねないし、病気だって引き起こしかねない。女性にとって“温活”は、美容や健康だけでなく、人生のクオリティを向上させるためにも大切な活動なのだ。

 

■3:美活

そして2位にランクインしているのが“美活”。そのものズバリ、“美”を追求する活動だ。

何かに打ち込んでいる女性の姿は、美しい。女性として美しく生きるためには、様々なチャレンジをするのもいいだろう。例えばインナービューティの意識を高めてみたり、流行のメイク術を習得してみたり。美活をすることで、より自分自身の美しさに気づくキッカケになるかもしれない。

 

以上、働く女性の毎日の充実度をグンと上げてくれる、朝活以外の“●活”を3つご紹介したが、いかがだろうか?

同ランキングの1位には、不動の人気“朝活”が選ばれているが、何も人生の満足度を上げるのは“朝活”だけではない。「私には、朝活はちょっと合わないな」と感じたら、無理して続けず、こんな風に他の“●活”に切り替えることで、人生の充実度や満足度もグンと上げられるかもしれない。

 

あわせて読みたい

元の記事を表示