お気に入りのシューズを長く愛用するには、それなりのケアが必要。ちょっとした手間を怠らなければ、持ちはずっとよくなります。

雨に濡れてしまったのに何もせずに放っておくと傷みやすくなってしまうので、梅雨時期はとくに気を付けたいもの。

そこで今回は、世界中で様々なシューズを見てきたファッションライターの筆者が、シューズを長持ちさせるための方法3つをご紹介します。

1:予防も必須! 履く前のビフォーケア

お気に入りのシューズを購入したら、おろす前にできるケアがあります。靴底を補強し、滑り止めとしても効果があるラバーシートを装着すれば、ソールの減りを防ぐことができ、傷みにくくすることができます。

また、とくにケアが必要なレザーシューズは、レザーと同色のクリームを塗ってから撥水スプレーをかけることで、光沢が増すだけでなく丈夫になり、持ちがぐんとよくなります。

シューズを履いて傷つけてしまってからでは遅いこともあるので、購入すると同時にケア製品も用意しておくのが理想です。

2:アフターケアの基本は、汚れ落としと保湿

アフターケアの基本は、汚れを取り除き、潤いを与えて保湿すること。スキンケアと同じ手順です。

シューズの素材によって使うケア製品は変わってくるので、購入時にどんなものを使うべきか売り場の店員さんに確認することをおすすめします。

レザー素材のシューズは、まずブラシを使って掃除をしましょう。その後、靴と同色のクリームを塗りますが、厚く塗ってしまうと表面がひび割れすることがあるので、できる限り薄く均一に塗るよう心掛けてください。使わなくなったストッキングや、薄い生地のTシャツを使うと塗りやすいです。

3:1日履いたら、2〜3日休ませる

お気に入りのシューズは毎日でも履きたいところですが、洋服と同様に、1日身に着けるとたくさんの汗を吸っています。長く愛用し続けたいのであれば、1日履いたら、乾燥させるために2~3日休ませるのが理想です。どんなにお気に入りでも、最低1日は休ませてくださいね。

雨でシューズの中が濡れてしまった場合は、吸湿性のいい新聞紙を、インクが移らないようにキッチンぺーパーで包んで入れておくと、痛みを防ぐことができます。

それでも自分で手入れができない状態になったシューズは、修理に持っていきましょう。目安としては、ヒール部分がすり減り、中に使われている金具が少しでも見えたらすぐに直してもらってください。

金具が露出し、地面に直接あたる状態で履き続けると、歩きづらいだけでなく滑りやすくなったり、修理ができなくなるほどシューズが傷んでしまう可能性があります。ヒール部分は体を支える大切なパーツでもあるので、すり減ったまま履いていると体にも負担をかけることになりかねません。

以上、シューズを長持ちさせるための方法3つでしたが、いかがでしょうか?

少しの手間で、シューズの寿命がぐんと長くなれば、逆にコストパフォーマンスも上がります。梅雨時期はもちろん、日頃から今回ご紹介したケアをしておけば、もっと愛着が沸いてくるはず。お気に入りシューズを長持ちさせて、足元のお洒落を思い切り楽しんでくださいね。

元の記事を表示