アメリカ・シカゴにある一部のスターバックス店舗限定に登場しているのは、メルカート(Mercato )という名の新たな軽食シリーズ。イタリア語で「マーケット」という意味を持つメルカートメニューには、スープにデザート、そして “新しいタイプのサンドイッチ” がラインナップされているのだそうです。

スープとデザートはひとまず置いておいて、気になるのは “新しいタイプのサンドイッチ” 。一体どの辺りが “新しい” のか、さっそく海外のスタバサイトをチェックしてみたところ……むむ? この写真、どこからどう見ても “海苔巻き” やないかーーーい!!

【間違いない、海苔巻きだ】

「サンドイッチ」というカテゴリーの中で紹介されているメニューは3種類。そのうちの2種類にはパンが使用されており、文字どおり「サンドイッチ」です。

問題は残りの1種類で、名前は「チキン・マキ・ロール(Chicken Maki Roll)」

昔からあるメニュー「カリフォルニア・チキン・ブリトー」に新たなアイディアを加えた1品らしく、「寿司用の米を海苔で巻いたもの」とハッキリ書かれています。うん、これは完全に海苔巻きだね!

【具材のラインナップはブリトー(もしくはタコス)】

気になる具材は、鶏肉に焼きトマトのサルサ、キュウリにアボカドに玉ねぎ、さらにはキャベツのピクルス。クリスピーオニオン、そしてタコスに使う「ライムクレマ」というソース……といった具合に、かなり独創的。

というか完全に、ブリトーやタコスのそれです。日本人には絶対に思いつかないであろう組み合わせだわ、コレ。海苔巻きというより、カリフォルニアロールに近いのかも?

ウェブサイトには「チキン・マキ・ロール」の写真も掲載されているのですが、色鮮やかでかなりフォトジェニック。インスタ映えもきっと、バッチリです。

ブリトーのようで海苔巻き、海苔巻きのようでブリトーな斬新メニュー。シカゴを訪れる機会があったら、ぜひ味わってみたいですね♪

参照元:Starbucks Newsroom
執筆=田端あんじ (c)Pouch