「近いうちにプロポーズしてくれないかな……」と、彼からのプロポーズを密かに心待ちにしている独女のみなさん。

このたび、銀座ダイヤモンドシライシが全国の20歳~39歳の男性500名に行った「男性の結婚に関する意識調査」によって、男性が思わずプロポーズしたくなる瞬間が判明したのです。そして、女性がやりがちな“プロポーズされるための努力”のうち、あまり意味がなさそうなものも明らかに!

今回は同調査をもとに、男性が結婚を意識する意外な瞬間と、求婚待ち女性がやりがちな行為の有効性を探ってみましょう。

男性が結婚を意識してしまう瞬間、トップ3

同調査では、「あなたが現在のパートナーと結婚を意識した瞬間をお答えください。現在、ご結婚されていない方は結婚を意識しそうな瞬間をお答えください。※あてはまるものがない場合も近いものをお選びください」と質問。

その結果、下記がトップ3に選ばれました。

3位:「金銭的に余裕が出てきた時」・・・27.6%

2位:「結婚適齢期になった時」・・・32.2%

1位:「空気のように落ち着いて過ごせている時」・・・35.4%

1位は「空気のように落ち着いて過ごせている時」で、3割以上の男性が選んでいます。しかし2位と3位には、彼女(結婚相手)に関係する要素ではなく、男性自身の状況がランクイン。

“結婚はタイミング”とよく言われますが、男性は「この女性がいい」と相手ありきで考えるよりも、自分の状況が整ったときに一緒にいた女性と結婚を考えるケースも多いのかも。

とはいえ、彼の気持ちを結婚に向かせるためにあれこれと策を練る女性たちも多いでしょう。いろいろ試してみたけれど、なかなか彼が乗り気にならない……そんな場合は“やりがちだけれど結果が出にくいプロポーズ作戦”をしている可能性も……!?

求婚待ち女子がやりがちだけど、あまり意味がないかもしれない行動3つ

上記の同質問に対して、男性たちの選択率が著しく低かったものから、女性たちがやりがちな“結果が出にくいかもしれないプロポーズ作戦”を考えてみましょう。

13位:「自分の家族や友人と楽しそうに話しているのを見た時」・・・3.8%

14位:「掃除・洗濯・食事などの家事をしている姿を見た時」・・・3.6%

15位:「遠距離恋愛が決まった時」・・・2.4%

13位は、「彼の周りの人たちと良い関係を築ければ、“この子となら結婚できる!”と思われそう」と考える女性もいるかもしれませんが、そんな姿を彼に印象付けても、プロポーズを引き出すキッカケには意外になりにくいようです。

また、14位のように家庭的な面を見せても、15位のように離ればなれになっても、どうやら男性の求婚意識にはあまり影響がないようです。

以上、男性が結婚を意識する瞬間トップ3と、求婚待ち女性がやりがちだけど結果が出にくいプロポーズについてでした。いかがでしょうか?

彼からのプロポーズを待っている独女の皆さんは、参考にしてみてくださいね。

【参考】

※ 男性の結婚に関する意識調査 – 銀座ダイヤモンドシライシ

元の記事を表示