湿気も気温も高く、不快指数マックスとなる日本の夏。夏向きの肌着を着ることで、その不快感を軽減できることは以前にもご紹介しましたが、ブラジャーも夏向きの機能を搭載したものが色々と発売されているのをご存知ですか?

「ブラジャーを夏用に衣替え」なんてピンとこないかもしれませんが、猛暑の時こそ、この“盛夏ブラ”の実力が発揮されるのです。

ポイントはカップ部分のムレ防止

商品の特徴はそれぞれですが、ほぼ共通しているのはカップ内のムレ防止。ブラカップが密着しているバストは、それだけで暑さを感じやすいですし、汗をかいても背中や首のように簡単に拭くことができません。

それに、バストが豊かな人ほど、カップ下のワイヤー部分に汗が溜まる感覚があるのではないでしょうか。それらを改善するために、カップの素材を通気性のよいものにしたり、ワイヤー部分にひと工夫加えたりしているのが“盛夏ブラ”というわけです

「ブラジャーは暑いから、夏はもっぱらカップ付きキャミソール」という人も多いかもしれませんが、薄着になる夏はバストラインも目立ちやすいもの。今年の夏は快適な“盛夏ブラ”を着けて、ぜひスタイルアップを!

「天使のブラ」シリーズ史上一番涼しいブラ

striumph2

バストメイクブラの代表としてよく知られる「天使のブラ」。従来の「天使のブラ」と比較して通気性が3.5倍(カップ素材比)にアップしているのがこの「スーパーCOOL」。「エアリーシェイピングカップ」という通気性がよく速乾性に優れた素材をカップ部分に使用し、さらさらで快適な着け心地に。一番ムレを感じやすいパッドポケットの肌側には吸水速乾性に優れたタッチクール機能のある素材を使用するなど、こだわりポイントが盛りだくさん。まさに、盛夏仕様のバストメイクブラです。

天使のブラ スーパーCOOL 6100円〜/トリンプ・インターナショナル・ジャパン

ブラストレスから「ときはなつ」ブラ

swing2

swing1

「きつきつ、ベタベタ、ムチムチから私をときはなつ」がキャッチコピーの、その名も「ときはなつブラ」。数多くのブラジャーを展開するワコールの中でも、「夏ブラ」としてイチオシされています。カップ肌側とワイヤー肌側部分はメッシュ素材になっていて、前中心は圧迫感のないVカットに。まるで水彩画で描いたような花柄も涼しげな印象です。
ときはなつブラ 4400円〜/ウイング(ワコール)

どんどん進化するピーチ・ジョン涼感機能ブラ

spj

2012年の発売以来、年々進化を遂げ、すっかり“盛夏ブラ”として定着したのが、この「クーリッシュブラ」。カップ肌側には吸湿冷感・抗菌防臭加工を施した吸水速乾素材を使用。肌に貼り付かない工夫がされているため、さらさらの肌触りをキープするというもの。一見、フェミニンなレース使いですが、表面がフラットなので服にひびきにくいのも嬉しいポイントです。
クーリッシュブラさらさらパウダリー 3480円/PJ(ピーチ・ジョン)

グンゼがオススメするブラストレス軽減ブラジャー

skireilabo1

skireilabo2

刺激や肌ストレスから肌を守り、やさしく、心地よく……をコンセプトとする「キレイラボ」の、夏の新定番がこのノンワイヤーブラ。まるで着けていないと感じるほどの軽さにこだわり、汗や蒸れの不快感からくるブラストレスを軽減するというもの。くい込みや段差が気になる肩や背中は幅広設計になっていてすっきりです。
軽くて、すっきりノンワイヤーブラジャー 1800円/キレイラボ(グンゼ)

話題の新素材を使った、極軽スペイサーファブリックブラ

schut!intimates2

schut!intimates1

カップの向こうが見えるほどの透け感が、このブラの軽さを物語っています。これはスペイサーファブリックと呼ばれるWメッシュの新素材で、今、海外でとても注目を集めています。

まるで1枚レースのような薄さ・軽さ・美しさが特徴で、無駄なものをすべて省いた作りになっているため、驚くほど軽量で、まさに盛夏向き。デザインもとことんミニマムで、インポートのようです。
ショット!5ヌーディブラ 4500円/シュット!インティメイツ(チャコット)

オーガニックコットンでできた「風通るブラ」

spristin2

spristin1

全体に風を通すオーガニックコットンメッシュ素材を使用したノンワイヤーブラ。もちろんストラップもオーガニックコットンメッシュで、取り外しできるパッドにもパンチングが施されて通気性アップ。オーガニックコットンの優しさは肌に直接身に着ける下着でこそ、実感できるもの。そのナチュラルな色合いと共に、肌触りを楽しんでください。
風通るブラ 9000円/プリスティン(アバンティ)

暑さによるストレスも軽減

服に比べれば着用面積はとても小さなブラジャーですが、「たかがブラ」と侮るなかれ。締め付け感を和らげたり、シンプルなつくりにして軽量化したりすることで、暑さによるストレスも軽減できます。ぜひ今年から「梅雨があけたら、盛夏ブラに衣替え」を実践してみてくださいね。

元の記事を表示