【最新シネマ批評】
映画ライター斎藤香が最新映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、レビューをします。

今回ピックアップするのは、英国映画『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』(2017年8月26日公開)です。

どん底生活のストリートミュージシャンが、猫との出会いで人生を大きく変化させた実話を映画化。猫のボブが可愛いのはもちろんですが、人生を変える力を持っているとは! 英国のキャサリン妃も大絶賛した、夢と希望と愛がつまった作品です。

【物語】

ストリートミュージシャンのジェームズ(ルーク・トレッダウェイ)は、その日の食べ物にも困るような貧困生活を送っていました。そんなときに友だちにもらったヘロインを摂取してしまい、病院へ担ぎ込まれます。

孤独で頼る人もいない彼のため、更生担当者のヴェラ(ジョアンヌ・フロガット)は、彼に住む場所を用意してあげます。感謝しながら生活を立て直そうとするジェームズ。

そんな彼のもとに茶トラの猫がやってきます。その猫がジェームズに人生をやり直すチャンスをくれるのです。

【本物のボブが映画で熱演!】

この映画の原作は、2012年に出版された本『ボブという名のストリート・キャット』(原題:A Street Cat Named Bob)。この本はたちまちベストセラーになり、今では世界30か国で出版されています。日本では2013年に辰巳出版から発売され、2014年には続編『ボブがくれた世界 ぼくらの小さな冒険』も出版されています。

またテレビ番組「奇跡体験!アンビリバボー」(フジテレビ系列)でも取り上げられ、「奇跡を運ぶノラ猫★人生ドン底男とのキズナ」として放映されました。

何気に日本でも有名だったノンフィクションなのですが、実はボブ、自分の役で映画出演しているのです。訓練を受けた役者猫ではないのに、いい表情、いい演技。ジェームズの肩に乗っているときなんて「ここがボクの場所」という顔だし、ジェームズとハイタッチするときの可愛さったら!

人見知りもしないし、人に囲まれても、写真撮影されても動じないボブは、メンタルが強い猫なのですね。だからジェームズを支えられたのかもしれません。

【人生に幸運をもたらすヒントがつまってる映画】

『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』の魅力は、ボブだけではありません。ジェームズは数々の困難を抱えた末にホームレスになってしまうのですが、だからといって麻薬に溺れてもいいわけはなく、薬に手を出してしまったのは彼の心の弱さです。

しかし、なかなか更生できなかったのは、親にも見捨てられ、心のよりどころを見つけられず、人生を諦めていたからかもしれません。

そんな彼を最初に救ったのは更生担当者のヴェラで、生きる希望となったのは迷い猫のボブです。ボブが怪我をしたとき、持っているお金すべてを使ってボブのための薬を買ったことが、彼の人生を前に向かって動かしたのではないかと思います。

「誰かの為に」そう思える相手と出会えたことは大きい。人生を豊かにするのは、自分を必要としてくれる誰かの存在と交流。それが幸運を引き寄せたのではないでしょうか。

【ガツガツしないジェームズの人生】

ジェームズは新聞に取材されたことをきっかけに本を出版することになるのですが「ボブと自分が生活できるくらいのお金があればいい」と謙虚です。決して「ビッグになるぜ!」とは言わないし、大きな成功を夢見ていません。ガールフレンドと良好な関係を築くことや、父親との和解など、ささやかな幸福を願っています。

そういうジェームズの物語だからこそ、原作本は世界で500万部を超えるベストセラーとなったのでしょう。ちなみに原作、映画ともに「成功の秘訣」は描かれていません。ドン底生活から、ボブとの出会いを経て、ささやかな幸福を掴んだ男のノンフィクションです。

ジェームズは本の印税で家を購入できたそうですが、慈善事業家として動物保護やホームレス救済団体に寄付したり、地道な活動をしているそうです。

普通の感覚を失わず、成功しても過剰な野心を抱かずに、等身大の自分を大切にするジェームスの良さが、この映画ではとても魅力的に描かれています。演じるルーク・トレッダウェイも素晴らしいです。

ちなみに、本作のプロモーションでジェームズとボブは来日していたそうです。知らなかった……。トークショー&サイン会行って、ボブとハイタッチしたかった!

この映画を見たら、絶対にみなさんもそう思うから。猫好き&人生の迷い人必見の激オシ映画です。

参考リンク=辰巳出版奇跡体験!アンビリバボー
執筆=斎藤 香 (c) Pouch

『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』
(2017年8月26日より、新宿ピカデリーほか全国ロードショー)
監督:ロジャー・スポティスウッド
出演:ルーク・トレッダウェイ、ルタ・ゲドミンタス、ジョアンヌ・フロガット、アンソニー・ヘッド、キャロライン・グッドオール、ベス・ゴダードほか
(C)2016 STREET CAT FILM DISTRIBUTION LIMITED ALL RIGHTS RESERVED.

元の記事を表示