野生の猿を身近に感じられる観光名所は、日本にも多数存在します。愛くるしいその姿を見るとつい近づきたくなってしまいますが、度が過ぎると危険な目に遭ってしまう可能性も……。

アメリカ・フロリダ州にあるシルバー・スプリングス州立公園で野生の猿の群れに遭遇したのは、10歳くらいの少年。

動画を撮りつつ、猿を目の前にして大興奮。意気揚々と実況していたわけなのですが、その数分後、事態は思わぬ方向へ展開したのであります。

【始めはよかったんだけどね】

1匹、また1匹と姿を現し始めた猿は、始めこそ大人しいものでした。人間のほうを眺めて様子をうかがうなど、若干警戒モードではあったけれど、ね。

しかしなにかが猿たちの機嫌を損ねたのでしょうか。突如攻撃モードに入ってしまったから、さあ大変! 近くにいたカップルを威嚇するなど、かなり興奮した様子です。

その勢いはとどまることを知らず、ついには少年を追いかけてくる猿たち。息を切らして逃げるものの、しつこく後を追ってきた猿たちだったのでありました。

【ケガはしなかったようです】

とはいえ危害は加えられていないようなのでひと安心。アニメなどのイメージなのか、どうしても「猿=友好的」というイメージがありますが、動画を見て確信いたしました。お猿さんの力を、侮るなかれ……!

参照元:YouTube
執筆=田端あんじ(c)Pouch

元の記事を表示