「結婚するなら、高学歴・高収入・高身長の“3高”男性がいい!」なんてことが女性たちの間で言われていたのは、バブル全盛期の頃。今から20年以上も前の話ですね。

当時も、女性と同様に男性にも“結婚相手の条件”があったはずですが、それは時代とともにどのように変化しているのでしょうか。

そこで今回は、婚活支援サービスを展開する株式会社パートナーエージェントが「結婚したい」と考えている25~34歳の独身男性360人に行った「“結婚相手に求める条件”に関するアンケート調査」の結果をご紹介します。

世の男性が求めるのは3つの合致。スバリ“三合女性”!

同調査では“結婚相手の女性に求める条件”として、「あなたが結婚相手に求めることは何ですか?」と聞いたところ、下記の結果になりました。

7位・・・「金銭感覚が合う」(42.5%)

6位・・・「好みが合う」(46.9%)

5位・・・「信頼できる」(47.2%)

同率3位・・・「楽しい・明るい」(49.2%)

同率3位・・・「価値観が合う」(49.2%)

2位・・・「思いやりがある」(51.9%)

1位・・・「性格が合う」(55.3%)

見ていくと、1位・3位・6位・7位と、上位7項目中4項目が“○○が合う”という条件になりました。

相手に何かを求めるよりも、自分とどんなことが合致するか、どんな共通点があるかについて気にする傾向が高いことがわかりました。

とくに「性格が合う」「価値観が合う」「好みが合う」の3項目については、男性のおよそ2人に1人が条件として選んでいることになり、長い人生を歩むパートナーに対しては、やはり何かにつけて“自分と合う”ことを求めていることがわかります。

 結婚は愛? それとも性格?

では、「性格が合う」というのは、具体的にどんなことでしょうか?

「結婚相手についてあなたの考えを教えてください」という質問では、「愛があっても性格が合わないと難しい」と「愛があればどんな性格でも受け入れられる」のどちらを重視するか聞いてみたところ、61.9%の男性が「愛があっても性格が合わないと難しい」を選択しました。

また、「できればケンカせず穏やかに生活したい」と「ケンカになっても我慢すれば大丈夫」のどちらを重視するかについては、69.7%の男性が「できればケンカせず穏やかに生活したい」を重視すると回答。

結婚生活は、性格が合う相手と穏やかに過ごす暮らしにしたいという男性陣の願望が読み取れます。

さらに「結婚についてあなたの考えを教えてください」という質問では、「価値観が似たような人と結婚したほうが楽」派が73.3%で「価値観が違っていても結婚すれば何とかなる」派を大きく上回り、「お互い大切にしているもの・ことが合っている人がいい」派が74.2%で「相互理解よりも相手には女性としての魅力を求めたい」派に差をつけました。

どちらも多数派は7割を超えていて、争いのない穏やかな結婚生活を求めていることがわかりますね。

結婚生活には“食事”も“財布”も合うことが大切

生活をしていく上で切っても切り離せないのは、食事とお金ですよね。独身時代や、カップルとして付き合っているときには、そこまで深く考えていなかったこの2つ。でも、一緒に暮らしていくとなると、とても重要なことだったりしますよね。

「食・味の好みが似ている相手がいい」を選んだ男性は55.8%で「料理してくれるなら食・味の好みは気にしない」を上回りました。毎日の食事を共にする夫婦だからこそ、食や味の好みが合うかどうかも重要な条件のひとつのようです。

お金の使い方についても「夫婦で話し合ってお互い納得したお金の使い方をしたい」を選んだ男性が58.9%と半数を超え、「夫婦でも財布は別にしてお金はお互い好きなように使いたい」を上回りました。最近では共働き夫婦も増え、夫婦それぞれに収入があることも珍しくなくなりました。その上で、金銭感覚が合うことも大事な夫婦の要素であるようです。

とくにお金に関しては、ちゃんと対等に話し合っていける関係になることも大切ですね。

以上、結婚相手に求める条件について見てきましたが、いかがでしょうか?

皆さんの意見と合致することはどれくらいありましたか? 日々の生活が穏やかで充実したものになれば、人生はより楽しくなるはず。ぜひ自分に合った最高のパートナーを見つけてくださいね!

【参考】

「結婚相手に求める条件」に関するアンケート調査 – 株式会社パートナーエージェント

元の記事を表示