夏を前に、ファッションもチェンジしていくこの時期。やっぱり、季節に合わせた新しいアイテムがほしくなりますよね。

ショッピングは楽しいし、季節感のある流行アイテムを手に入れるのは気分が良いもの。でも、買い物で失敗してしまうときもありますよね?

今回は、「あぁ、またやっちゃった!」と思う、女性がはまりがちな“ファッションアイテム購入時の失敗”について、アンケート結果をもとにご紹介しましょう。皆に多い失敗談とは……?

やりがちな失敗! “同じようなアイテムばかり買ってしまう”

『BizLady』では、女性500名に「洋服や靴、バッグなどのファッションアイテムの購入時によくやってしまう失敗はどんなことですか?」というアンケートを実施。

すると、多かった回答のひとつに、“同じようなアイテムばかり買ってしまう”が挙がりました。

・いつも同じ色やデザインの服を選んでしまう(30歳・金融関係)

・同じようなものがあるのに、忘れてまた買ってしまう(38歳・主婦)

「私も!」と思った人も多いのでは? この手の失敗は、多くの女性が経験済みのようです。そんな失敗が続いた結果……、

・ピンクの服ばかり(41歳・主婦)

・黒い服しか持っていない(25歳・学生、フリーター)

といった状態になってしまう人も。無意識に好みのものに手を伸ばしてしまうのは仕方がないことかもしれませんが、

・いつも同じようなものを持っているように思われてしまう(33歳・主婦)

という事態は、ちょっと避けたいですよね……。

“タンスの肥やし”が増えるワケ……“買ったはいいけれど使っていない”

もうひとつ、多かった回答をご紹介しましょう。

・買ってもあまり使わないアイテムがある(29歳・営業、販売)

欲しくて買ったはずなのに、どうして使わないことになるのか……理由は様々のようです。

・買っただけで満足し新品のまま放置(40歳・学生、フリーター)

・お金を使ってストレス発散するために、無駄に購入してしまう(25歳・金融関係)

・人に勧められて自分が納得せずに買うとき、結果使わないことが多い(39歳・その他)

・必要性を考えず、勢いで買ってしまう(41歳・主婦)

・衝動買いで購入して結局使わない(58歳・主婦)

“買う”という行為が目的になってしまう、販売員などの押しに弱い、後先考えずに買ってしまう……こんな理由から、“タンスの肥やし”が増えていくのかもしれません。

“安物買いの銭失い”に“痩せる予定買い”まで! 女性達の失敗談アレコレ

その他、下記のような答えも。

・質や欲しい物より、安さで選んでしまう(44歳・その他)

・安物を買って、後悔してしまう(39歳・主婦)

“安物買いの銭失い”とはよく言ったものですが、実感したことがある人は多いよう。そしてその結果……、

・安いからたくさん買って、結局着なかった(19歳・学生、フリーター)

といった事態に。タンスの肥やしの原因はこんなところにもあるようですね。とくに、マフラーやコートなど身に着けているアイテムが多かったり、重ね着をしていることが多い冬は、試着が面倒なこともありますよね。「このサイズなら大丈夫なはず」と試着をせずに買ったら思ったより小さくて着られなかった……という経験をしたことがある人は多いはず。

サイズといえば、こんな女性も。

・痩せたら着ようと1サイズ小さな服を買い、結局着られない(43歳・学生、フリーター)

ダイエットを頑張るために“痩せる予定買い”をしたものの、痩せる前にシーズンが終わってしまった……という残念な買い物例ですね。

回答の中に「小さすぎた」という意見は散見されたものの、「大きすぎた」はほとんどありませんでした。ファッションやスタイルに関する“女心”が垣間見える気がしますね。

以上、女性たちのファッションアイテム購入時の失敗談でしたが、いかがでしょうか?

ショッピングは失敗しないに越したことはありませんが、それもまた経験。過去の失敗を活かして上手な買い物をするためには、“慎重さ”がより必要なのかもしれませんね。

元の記事を表示