春に職場に入ってきた新人たちが、仕事に慣れてくるであろうこの時期。

最初は期待半分、心配半分で見ていた先輩たちも、それぞれへの評価が固まってくる時期では?

「まったく、いつまで経っても……」とお困り気味の先輩もいれば、「この子、凄い!」と舌を巻いている人もいるのではないでしょうか。

思わず自分の新人時代とこっそり比べてしまう、“デキる”新人。あなたの職場にはどんな人がいますか?

先輩たちが思う、「うちの新人、ココがスゴイ!」……最多回答は、「パソコンスキル」

「職場の新人さんに対し、凄い! と感心していることはどんなことですか?」

働く男女500名に『BizLady』がこんな質問をしたところ、圧倒的多数だった意見がありました。

・パソコンスキル(33歳男性・技術職)

・パソコンがとりあえずできる(41歳男性・出版、マスコミ)

現代では職種問わず多くの職場で必須アイテムであろう、パソコン。その操作を難なくこなせることを挙げる先輩が最多、という結果でした。

そのことは、こんなことにもつながるのかもしれません。

・最近の新人はITに強いので、わからないことは簡単に調べて対処することに感心する(76歳男性・その他)

わからないことはPCやスマホでサクッと解決、といったところでしょうか。

とにかく近頃の新人は積極的? 「社長とも重役とも、世間話」!?

では、そんなふうにわからないことを自力で解決することも可能な新人は、先輩への積極的な質問などはしないのか……と思いきや、こんな意見も。

・わらない事はすぐ聞く(63歳男性・会社経営)

・積極的に質問する(54歳男性・公務員)

どうやら近頃の新人は「物怖じしない(41歳女性・営業、販売)」人が多いのか、こんな具体的なエピソードを寄せてくれた人も。

・自分が新人時代は自分から先輩社員に話しかけることなどできなかったが、上司にも社長にも臆することなく話しかけていて驚いた(452歳女性・営業、販売)

・上司(重役級)と何の問題もなく世間話などをして和んでいる(49歳男性・会社経営)

人を肩書で区別しない、といったら聞こえはいいですが、もちろん良く思う先輩ばかりではないようで……、

・職場の先輩や取引先に対して気負いがない、いい事なのか悪い事なのか……(53歳男性・営業、販売)

・先輩を恐れない。褒められることではないが(41歳女性・総務、人事、事務)

など、認めはするが手放しで褒めることもできない、という、先輩の複雑な心理をのぞかせるような意見もありました。

新人の積極性は、いろんな場面で……「相手が社長でも上司でも、文句があったら言わせていただきます!」

新人のその積極性は、いろんな場面で発揮されるようです。

・大きな声で挨拶(31歳女性・その他)

・はきはきと自分の意見が言える(40歳女性・その他)

という、若者らしい清々しさが想像できる意見もあれば、こんな回答も。

・先輩を呼び捨てにしたり、すぐに誰とでも打ち解けられている(33歳男性・その他)

・打ち解けるのが早い。友達感覚で接してくる(40歳男性・営業、販売)

褒めていいのか疑問符が付くところもありそうですが……こういった意見をみていると、今の新人は“上下関係”の概念をあまり強く持たない人も少なくはないのだ、とわかりますね。

だけど、仕事をする上で積極性はないよりあった方がいい。そういう意味では、やはり先輩たちは評価をしているようです。

そんな先輩を恐れない新人たちに関して、さらにこんな回答も。

・上司や社長にも、納得できないことははっきり反論する(56祭男性・その他)

・上司にもきちんと反対意見を述べる(33歳女性・デザイン関係)

こういうこと、自分はできなかったなぁ……そんなふうに思いつつ、それができる新人に感心する先輩社員は多いのかもしれません。

以上、先輩社員が「うちの新人、ココがスゴい!」と思っていることでしたが、いかがでしょうか?

その他で挙がったのが、こんなこと。

・言われたことをきちんとやる。一回で覚える(41歳女性・研究、開発)

・ビジネスマナーがきちんとできている(41歳女性・金融関係)

・一般的なマナーを心得ているように見える(62歳男性・会社経営)

今の新人たち、頼もしいですね!

元の記事を表示