【公開直前☆最新シネマ批評]
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画のなかから、おススメ作品をひとつ厳選してご紹介します。

今回ピックアップするのは羽海野チカの同名人気漫画の実写映画化『3月のライオン』(2017年3月18日前編/4月22日後編公開)です。

人気漫画の実写映画化は「誰が登場人物を演じるのか」が話題になりますが、『3月のライオン』の場合、原作ファンが熱望していたのは「主人公の桐山零は神木隆之介」。そして、なんとその通りになったではありませんか! ヴィジュアルも限りなく原作に寄せており、二次元から三次元へと零が飛び出してきた感がハンパありません! 

本作は二部作になっており、桐山零の幼少時代から棋士として人間として成長していく物語をしっかり描いています。では物語からいってみましょう。

【物語】

幼い頃、家族を事故で亡くした桐山零(神木隆之介)は、内弟子として棋士の幸田(豊川悦司)に引き取られました。中学生でプロ棋士デビューをした零は天才と呼ばれる実力者になりますが、幸田家では義理の姉・香子(有村架純)に嫉妬され、居場所などありません。そして一人暮らしを始めた零。

そんなある日、親切な川本家の人々と知り合います。彼らとの交流により、家族のような安らぎを感る零。と、同時に、彼はひとりの棋士としてライバルとの闘いや香子との確執などに対峙し、様々な出来事を通して成長していくのです。

【神木隆之介しか演じられない桐山零】

映画を見ると、原作未読の自分でも、ファンが神木隆之介に桐山零をと求めた気持ちがわかります。子供時代から俳優として脚光をあびていた神木くんは、どこか天才棋士・桐山零的なものをもともと持っていたのですね。それを原作ファンも製作陣も感じていたから「桐山零は神木隆之介」と熱望したのでしょう。

幼少の頃から一生を懸けて取り組める何かを持っている人というのは、本当に限られていると思うので、ある意味、桐山零を神木隆之介が演じるのは、運命だったのかもしれません。だからこそ、スクリーンでリアルな存在として桐山零でいられたのではないかと。

この映画を見て改めて、神木隆之介は凄い! と思いましたよ。主演俳優タイプの役者は役者自身のキャラクターで役をからめとるというか、役を引き込む力があるのですが、神木くんは役の中に入っていくような感じがします。桐山零の体に入って魂のスイッチをオンにして二次元の存在を三次元として成り立たせるような。だからこそ、零の孤独が胸に迫るものになったのでしょう。

【見どころはやはり圧巻の対局】

映画『3月のライオン』は、ひとりの天才棋士の人生を追い駆けた作品なので、零を取り巻く人間関係、交流は重要ですが、映画のハイライトとしてのめり込むのはやはり対局シーンです。先輩棋士、ライバル棋士たちとの交流や対局は燃えますね! 長丁場でずっと緊張感を強いられる対局、一瞬たりとも気を抜けない、隙を見せたら負ける。まさに頭脳戦です。かなり頭と体へのダメージは大きいのではないかと。

先輩棋士・島田(佐々木蔵之介)なんて、対局中「死んじゃうんじゃないか」と見ていて心配になったほど。将棋盤を挟んで座って駒を打つだけなのに、すごいエキサイティングで見ている方もヒリヒリして、対局終わるとグッタリしました……。

【『3月のライオン』は素敵男優祭り!】

そして出演者も、主演級の俳優たちがズラリ揃っていて華やかです。最強の天才棋士、宗谷を演じる加瀬亮の漂うカリスマ感、ワイルドな棋士、後藤を演じる伊藤英明のハードボイルド感、一瞬誰だかわからないほど巨体になった染谷将太(二海堂晴信役)。

そして、ドラマ「カルテット」の家森さんで人気急上昇中の高橋一生さん演じる林田先生もいますよ。屋上でカップラーメンを食べながら零と談笑というシーンが印象的です。アゴに不自然な黒いヒゲをつけているのがちょっと気になったのですが、原作の林田先生のヴィジュアルに近づけた様子。高橋一生ファンは、大スクリーンで神木くんと高橋一生さんの2ショットを見られる喜びをかみしめてください!

有村架純や倉科カナなども好演なのですが、この映画はどちらかといえば男優祭り。神木くん始め素晴らしい男優さんたちの熱演は眼福! 零の人生ドラマに胸を掴まれ、対局シーンに緊張し、男優たちに癒される……ぜひ、女子同士で見に行ってくださいね。

執筆=斎藤 香 (c) Pouch

『3月のライオン』
(2017年3月18日前編/4月22日後編/TOHOシネマズ六本木ほか全国ロードショー)
監督:大友啓史
出演:神木隆之介、有村架純、倉科カナ、染谷将太、清原果耶、佐々木蔵之介、加瀬亮、前田吟、高橋一生、伊藤英明、豊川悦司ほか
(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会

元の記事を表示