パクチーに目がないパクチ二ストのみなさま! 本日8月9日は、パクチーの日ですよ!! 「パ(8)・ク(9)・チー」という、そのまんまの分かりやすい語呂合わせですね。

私はベランダでも育てているぐらい、パクチーが大好き! タイやベトナム、中華はもちろん、豆腐や海藻など和の食材とも合うし、トマトやオリーブたっぷりの地中海料理にもよく合うので重宝しています。芳しいあの独特な香り、想像しただけでもヨダレがっ……!

パクチーぎらいの人には申し訳ないのですが、本日はパクチ二ストのための日。ということで、夕食の1品にも、お酒のあてにもぴったりの「パクチーたっぷり☆アボカドのカルパッチョ」をご紹介します。野菜オンリーのヘルシーなカルパッチョです♪

【材料】


パクチー・・・好きなだけ!
アボカド・・・1コ
赤玉ねぎ・・・1/4コ
パプリカ・・・1/2コ

●カルパッチョのソース
レモン果汁または酢・・・大さじ2
ゴマ油・・・大さじ1
おろしニンニク(チューブでもOK)・・・小さじ1/2
塩・・・小さじ1
砂糖・・・小さじ2
七味唐辛子・・・適宜

【作り方】

1. 赤玉ねぎは薄くスライスして10分ほど水にさらす。

2. パクチーは洗い、葉の部分を手でちぎって茎から外し、茎の部分は小口切りに。パプリカは薄くスライス、アボカドは縦半分にカットして種を取り薄くスライス。

3. カルパッチョのソースを作る。小さめのボウルにソースの材料をすべて入れ、スプーンでよく混ぜる。

4. お皿にアボカド、赤玉ねぎ、パプリカを盛り付け、パクチーの葉と茎の部分を散らす。

5. カルパッチョのソースとお好みで七味唐辛子をかけたらできあがり!

濃厚でクリーミーなアボカドと個性的な香りのパクチーは、じつはとても相性のよい組み合わせなんです。これを利用したのが今回の1品、お魚のカルパッチョのように、いやそれ以上に、満足感たっぷりですよ。

ふつうのカルパッチョのように、オリーブオイルとレモン果汁、塩コショウでシンプルに仕上げてもおいしい! けれど、今回はゴマ油とニンニク、七味唐辛子で、ご飯に合う味付けにしてみました。これがまた絶品なのです……パクチーって本当にすごい。

ソースが絡んだ、シャキシャキの赤玉ねぎとパプリカも美味ですよ! ビールやスパークリングワインを合わせて、どうぞ召し上がれ!

参照元:今日は何の日

レシピ作成・撮影・執筆=sweetsholic (c)Pouch

元の記事を表示