1日のうちで、職場にいる時間が最も長いという人も多いでしょう。そんな働き女子にとって、休憩時間に欠かせない存在といえば、“おやつ”ではないでしょうか。

あなたは1日に何回程度、どんなおやつを食べていますか?

そこで今回は、リビングくらしHOW研究所が20~60代の女性1,595人を対象に実施した、「おとなのおやつ習慣についてのアンケート」調査の結果をご紹介しましょう!

半数以上の女性が、おやつをほぼ毎日食べている!

調査ではまず、「あなたはどの位間食をしますか?」と尋ねました。すると結果は、「ほぼ毎日」が55.6%で最多の結果に。次いで「毎日2回以上」(14.3%)、「週4~5回程度」(11.2%)、「週2~3回程度」(11.1%)と続きました。

毎日1~2回以上おやつを食べる人がなんと7割も! 女性たちがかなり頻繁におやつを食べていることが分かります。

うっかり買い忘れた“おやつ切れ”の日には、休憩時間のお楽しみがなくなってしまいますね。

女性たちに「あなたは、自分用のおやつを常備していますか?」と尋ねると、職場の場合では35.8%が「1~2種類」を常備していると回答。そして「3~5種類」という人も15.6%。おやつを食べる人の過半数が職場に“Myおやつ”を常備している結果となりました。

しかし、「食べたいときに買うので常備はしていない」と答えた人も33.7%。職場の近くにコンビニなどがある場合、気分転換がてら休憩時間に買いに行くのもアリでしょう。

仕事中、小腹が空いたときにおやつを食べると何とも言えない満足感がありますね。でも、ときにそれが罪悪感に変わってしまうことも……。

間食をすると答えた1,551名に「間食に罪悪感がありますか?」と尋ねると、「ある」(17.0%)、「ややある」(44.3%)と答えた人の合計は全体の6割以上も。毎日の生活におやつは必要と思いつつも、余計なカロリーを摂取することで「また太っちゃう……」と罪悪感を感じている人が多いようですね。

そんな罪悪感を感じることのない“ヘルシースナッキング”(健康的な間食習慣)を実践してみたいと考えている女性は、63.2%という結果となりました。

何食べてる? 働く女性たちのおやつ

では実際に、働く女性たちはおやつに何を食べているのでしょうか?

都内のホテルでフロントマネージャーとして勤務するK美さんは、「お客様の前に出ることも多いので、おやつはお昼の後と小休憩時間のみ」と話します。「小腹が空くので、歯応えがあって満足感のあるおせんべいやナッツ類を常備しています」とのこと。

雑誌の編集部でグラフィックデザイナーとして働くM恵さんは、あまり机から動かない仕事なので、おやつのカロリーが気になるそう。「毎日お弁当を作るので、おやつ用には別にタッパーに詰めた枝豆やフルーツ、ヨーグルトなどを持参して、仕事の合間に食べています」と話します。

ただ、クライアントや取引先の方がお土産持参で会社を訪れることも多く、「ケーキやチョコレート、地方のお土産など、毎日いろんな誘惑が(笑)。食欲と闘うのが大変」と話していました。

以上、“おとなのおやつ習慣”についてでしたが、いかがでしょうか?

「また太っちゃう……」と罪悪感を感じないような、ヘルシーで美味しいものを用意して気分転換をすれば、仕事もはかどりそうですね!

【参考】

※ 大人のおやつ習慣についてのアンケート – サンケイリビング新聞社