あなたにも、同性の部下や後輩が何人かいるのではないだろうか。

目下の同僚から好かれる女性と、なぜか嫌われる女性がいるが、後輩から好かれる先輩女性とは、どんなタイプなのかご存じだろうか。

職場での人間関係は、円滑にしておくに越したことはないが、実は、意外と些細な部分に配慮できるか否かによって、後輩女子からの評価がグンと上がったり下がったりするのが実態のようだ。

そこで、今回は『gooランキング』が公表している調査情報も参考に、後輩女子から好かれる女性の特徴を3つ、ご紹介していこう。

 

■1:他人への評価が正当

「この人にならついていく! 尊敬できる上司の性格ランキング(女性)」でトップになっているのは、“正当に評価できる”女性であった。

女性は、男性に比較して“感情的”な生き物ともいわれるが、個人的な感情を含むことなく、客観的かつ正当に物事や人物を評価できる女性は、後輩から慕われる傾向が強いようだ。

つい、仕事なのに私的な感情を挟んでしまう……と心当たりがある方は、意識的にやめることで後輩女子からの評価もグンと上がることだろう。

 

■2:責任転嫁しない

続いて、同ランキングの2位には“責任転嫁しない”ことが挙げられているが、「だって」「でも」と、つい“言い訳口調”が癖になっている人は要注意。

仕事をしていく上でミスや失敗は付き物だが、問題はそれらが起きた時にどう対処するか、である。

自身の責任をシッカリと自覚し、それを行動に移せる女性は、後輩女子からみても憧れの対象となりやすいのだろう。

 

■3:差別・ひいきをしない

そして、3位には“差別、ひいきがない”人が挙げられている。

職場の人間関係は選べないことから、ホンネでは個人的な好き嫌いがあることもあるだろう。

だが、それを一切表に出さず、すべての人に客観的に平等に接することができる女性は、後輩女子からしてみれば、安心して接することができる先輩といえる。

自身が、若い頃にひいきや差別を受けてきた人ほど、後輩にも無意識に同じことをしがちだが、人間関係を円滑にするためにも、職場の人には“すべて平等に”を心がけることが大切なのは言うまでもない。

 

以上、後輩女子から好かれる女性の特徴を3つご紹介したが、いかがだろうか?

同性の後輩から好かれる女性とは、一緒にいて“心地よさ”を感じられる女性といえるかもしれない。

悪口やひいき、責任転嫁など、他人を不快にさせたり傷つけたりする先輩に対して、信頼を寄せる後輩は少ないだろう。

もし心当たりがあった方は、いますぐ改めることで、後輩女子からの信頼もグンとアップするのではないだろうか。

 

【参考】

あわせて読みたい