だんだん夏が近づいてきました。もう街では薄着の人も多い時期ですね。こうなるとやはり気になるのがダイエットではないでしょうか?

夏に向けて、ダイエットを始めてみたものの、思うように効果があがらず、そろそろ「もう辞めようかな……」と思い始めている人もいるのではないでしょうか?

ちょっと待ってください! そんな人に、ぜひ知っておいて欲しいことがあるのです。

今回は海外の女性のライフスタイル紹介サイト『AMERIKANKI』などの記事を参考に、「もうダイエットを辞めよう……」と思った時に、“やる気を取り戻すために自分に言い聞かせたいこと”5つを紹介します。

 

■1:体重はすぐには減らない

体重はすぐには減りません。即効性をうたうダイエットもありますが、全員が全員に効果が表れるものでもありません。

もし、体重が増えてしまってから長い時間が経っていたら、それを減らすには、それ相応の時間がかかるのです。なぜなら今迄の体重を維持するために、体が自然と体重を減らすことに抵抗するからです。

焦らずに「効果は必ず現れる!」と信じて続けましょう!

 

■2:友達はきっと応援してくれる

ダイエットに挫折しそうになったら、仲の良い友達に声をかけて巻き込んでみましょう。あなたのことを理解してくれる友達なら、きっと応援してくれるはずです。

一緒にダイエットのノウハウや、やせた時の喜びを共有できます。そしてなにより、挫折しそうになったときに、お互いに相談して励ましあえるのです。

友達を上手に巻き込んでしまいましょう。

 

■3:ストイックになりすぎない

もちろん、けじめをつけて「やるときはやる!」というスタンスは大切です。しかし、あまりにもストイックになりすぎるのは逆効果です。

体調が悪いときもあれば、気分が乗らないときもあるでしょう。どうしても、甘いものが食べたいときもあるでしょう。そうした時に、あまりにも自制しすぎると、かえって続かなくなってしまいます。

少し心に余裕を持って、長期的に取り組みましょう。

 

■4:目標を高くしすぎない

あまりにも高い目標も考えものです。自分自身をあまり追い込まないほうが、結果としては、長く続けられるかもしれません。

実現可能な目標を立てることも、ダイエットを続けるコツです。もちろん、今から目標を変えてもいいでしょう。続けることが大切です。

 

■5:人とは比べない

ダイエットの成果を、人と比べるのはやめましょう。あくまでも、自分で設定した自分の目標に向かって、がんばりましょう。

ダイエットは、自分との勝負です。焦らず、急がず、ゆっくり実行していきましょう。そのほうが、リバウンドを招くことなく、長期的に効果も得られるはずです。

 

以上、「もうダイエットを辞めよう……」と思った時に、やる気を取り戻すために自分に言い聞かせたいことを5つご紹介しましたが、いかがだったでしょうか? もしかしたら、ちょっと踏みとどまれるのではないでしょうか。

焦っても効果が長続きしない、ということもありますし、ここはあきらめずに、じっくり取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

【画像】

あわせて読みたい