待ちに待った日曜日。天気もいいしポカポカ暖かいこんな日に、さてあなたは何をするでしょうか?

ある日曜、オーストラリア在住のサイクリスト、ベン・ジョーンズさんは、仲間と一緒に大好きなサイクリングへ出かけたようです。

アマチュアサイクリングチームのメンバーであるジョーンズさんが記録したコースを地図上から見てみると……なんと! おひげの生えたヤギさんが描かれているではありませんか!!

【アプリを使って絵を完成させました】

地図上にヤギの絵を描くためジョーンズさんが用いたのは、「Strava」というアプリ。辿ったコースを記録しオンラインで情報をシェアできる、サイクリストやランナー御用達のアプリです。

Instagram Photo

【めっちゃ時間かかってます】

 

慎重にルートをデザインしたというジョーンズさん。スタート地点は、パースの中心部にあるリーダービルという街。サイクリストや流行に敏感な若者たちに人気のカフェがあるこの町から、まずは北へ、続いて東へ。今度は川を渡って郊外の南方向へと、順番に移動していったんですって。

「Strava」の記録によれば、西オーストラリアの都市・パース全域を走り抜いてかかった時間はおよそ7時間。走行距離は、なんと202キロにもなったそう。オーストラリアのラジオ番組「ABC Radio Perth」のインタビューに対しては、すべて終えるまでに8時間かかったと、ジョーンズさんは話しています。

【次はどんな絵を描くのかな?】

このユニークな試みについて尋ねられると、「ただ日曜日を楽しく過ごしたかっただけ」とジョーンズさん。「パースでは自転車に乗った多くの人が、川や丘の周辺をサイクリングしてる。だから彼らとはちょっと違うことをしてみようと思ったんだ」と答えておりました。

ちなみに次に地図上に絵を描くなら、クアッカワラビーなど西オーストラリアにちなんだ動物にしようと計画しているそうですよ。

【マネしてみたくなりますね♪】

ただ自転車に乗るのではなくジョーンズさんのように目的をもってルートを回れば、楽しみは何倍にも膨れ上がりそう♪ 自転車乗りのみなさま、せっかくの春ですし、運動不足解消のためにもマネして挑戦してみてはいかがでしょうか。

参照元:Instagram @ jen.bonezStravaABC Radio Perth
執筆=田端あんじ(c)Pouch

元の記事を表示