子役としてテレビや映画で活躍しながらも、都内難関私立中学に合格したことで話題を集めた女優・芦田愛菜さん。イメージキャラをつとめる進学塾「早稲田アカデミー」の新CMが2017年7月17日から公開されています。

新CMでは、等身大の女子中学生として「図書室篇」「屋上篇」「バス篇」の3本に出演しているのですが、まさに芦田愛菜さんのイメージにぴったりで、これ、彼女以上の適役はいないでしょ!

【愛菜ちゃんの学生生活もこんな感じ?】

「図書室篇」で描かれているのは、芦田愛菜さんが図書室で自習するシーン。数式をつぶやきながら、数学の問題に集中する姿にぐっと引き込まれます。

続いて「屋上篇」では、放課後、学校の屋上で宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』の稽古をする演劇部員役を熱演。台本片手にセリフを読み上げる姿に、天才子役として名を馳せた芦田愛菜さんの演技力がいかんなく発揮されています。

そして、街を全力で駆け抜ける「バス篇」。バスに乗り遅れまいと息をきらしながら走る姿がとっても印象的。無事バスに乗って席についたあとも英熟語のテキストを開く姿が勉強熱心でさすがです!

3篇ともにどれも芦田愛菜さんの実生活と重ねて見えるつくりになっていて、「普段もこんな学生生活を送っているのかな~?」なんて想像しちゃいますね。

【努力する姿に感心】

それにしても「等身大」とはいうものの、ここまでの頑張りを真似できる中学生はなかなかいない気が。

それぞれCMには

天才はいない。

両立できない。なんて嘘だ。

近道はない。

というキャッチコピーが出てきて、たしかにそれはそうだと思うのですが、学生時代からズボラだった私としては「あまり頑張りすぎなくてもいいんだよ」と声をかけたくなってしまいます。いいじゃん、バスなんて1本遅らせても。いいじゃん、走ってバスに乗ったあとはしばらく休んでても……!

でも、そこを涼しい顔をして努力とともに突き進むところが芦田愛菜さんなのでしょうね。中学生ながら本当にすごい……!!

【努力する姿に感心】

勉強に部活に全力投球する姿が美しい、芦田愛菜さん出演の「早稲田アカデミー」の新CM。YouTubeでも公開中なので、メイキングと合わせてご覧あれ。

ちなみに、芦田愛菜さんがいま読みたい本は『項羽と劉邦』『高野聖』だそう。この答えからも、けっして見かけだけではない才女ぶりが伝わってきます。見た目は可愛らしく、演技力も抜群で成績優秀だなんて、本当に将来が楽しみですね。

参照元:YouTube [1]、[2]、[3]、[4]、プレスリリース
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

元の記事を表示