働くママは、子どもと一緒にいる時間が短いことが気になることはありませんか? 働いている時間が長いと、どうしても子どもと一緒にいる時間が減ってしまいますよね。

ママはそうしたことがちょっと気になることもあるかもしれません。

しかし、子どもがすくすく明るく前向きに育っていくようにするには、親の態度にちょっとした秘訣があるというのです。

そこで今回は『BizLady』の過去記事や海外の情報サイト『Care.com』などの記事を参考に、“明るく前向きな子どもに育てる秘訣”3つをご紹介します。

働くママのみなさん、要チェックです。

 

■1:褒めて認めてあげる

子どもは、ママやパパから承認されることを欲しています。たとえば、“ママ、見て! 見て!”とか、“こっち来て”というのも、ママに認めてもらいたい、という気持ちの表れです。

ですから、子どものそうした気持ちに、しっかり反応することが大切です。大げさなくらいに反応したり、褒めてあげたりしましょう。

これをすることで、子どもは自分に自信を持つこともできるように自己肯定感が育ちます。こうした経験の積み重ねをすることで明るく前向きにな子どもに育っていくのです。

 

■2:一緒に良い時間を過ごす

これは、働いているママさんだとちょっと難しいと思うかもしれません。確かに、時間はやはりかけられないかもしれないと思いますよね。

しかし、これちょっと矛盾しているようですが物理的に長く時間をかければ良い、ということではなく、子どもと一緒に過ごす時間の質、クオリティのことを言っています。

たとえば公園などでも、子どもと一緒にいても常に携帯をいじるなど、全く子どものことを見ていないママさんを見かけることはありませんか?

単純に、長い時間一緒にいれば良い、というわけではないのです。

仮に短い時間しか一緒にいられないとしても、そこで一緒に過ごす時間のクオリティを上げて親子共に楽しい時間、思い出にすることを意識してください。

もちろん、親とこうした時間を過ごした子どもは前向きにポジティブになることは間違いありません。

 

■3:愛情をかける

そしてやはり、何よりもこれです。

パパやママから十分な愛情を注がれて育った子どもは、やはり非常に前向きで明るい子どもになります。それは大人になっても、揺るぎない自信の根底になります。

パパとママから、たっぷりと愛情を注がれて育ったた子どもは、その愛情を何にも勝る自分の拠り所として、安心感を持つことができます。

土台となる安心感があることで、何事にもチャレンジすることができるようになるのです。

 

以上、“明るく前向きな子どもに育てる秘訣”でしたが、いかがだったでしょうか?

働くママでも、全く問題をなくしてあげることができるのではないでしょうか。親がこうしたことができているだけで子どもの育ちは大きく変わってくるのです。

明るくポジティブで前向きな子どもは、また誰からも好かれるでしょう。ぜひ働くママさんは意識していきましょう。

 

あわせて読みたい

誰からも好かれる!「明るく前向きな子どもに育つ」働きママの秘訣3つBizLady(ビズレディ)で公開された投稿です。