sw_tfa_sub_02_large
[公開直前☆最新シネマ批評]
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画のなかから、おススメ作品をひとつ厳選してご紹介します。

今回ピックアップするのは、2015年最大の話題作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015年12月18日公開)です。とにかく内容については極秘、先日来日したキャストも決して物語は明かしませんでしたが、ついにその秘密のベールが開かれるときがきたのです! 

みなさんよりちょっとだけ早く『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を試写で見させていただいた記者が、その魅力をお伝えしましょう!

【物語】

ルーク・スカイウォーカーが父であるダース・ベイダーを火葬してから30年後。砂漠の惑星で廃品収集をして生活しているレイ(デイジー・リドリー)は、ひとりで家族の帰りをずっと待ち続けている孤独な女性です。そんなある日、砂漠の惑星が襲われ、レイはそのときフィン(ジョン・ボイエガ)と出会います。

強引に彼女の手を引いて逃げ出そうとするフィンに、最初はとまどうレイですが、行動を共にするように。同じ時期にドロイドのBB-8もレイとフィンのもとにやってきます。BB-8は何か使命を背負っている様子。

sw_tfa_main_large

二人は廃棄場にあったオンボロの宇宙船に乗りこみますが、そこにある人物がやってきます。その宇宙船はミレニアム・ファルコン号であり、その人物はファルコン号の船長のあの人だったのです……。

【世界が熱狂!いきなり2015年の全米映画TOP10入り!】

日本よりも一足早く、全米プレミアでお披露目された『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は、すでに批評家から絶賛レビューが続々アップされ、2015年度「アメリカ映画協会TOP10」に堂々ランクイン! 賞レース参戦もありそうな勢いです。

あまりハードルを上げ過ぎては……と思いつつ鑑賞しましたが、期待していいです! どんなにハードルを上げても、この映画はしっかり応えてくれます。

なんでこんなに楽しいのか、こんなに胸が躍るのか、ドキドキするのか……と考えたのですが、ライトセーバーによる闘い、空中戦などもアトラクション気分で楽しめますが『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の魅力は、これまでのシリーズ同様に善悪きっちりと色分けされているわかりやすさに加えて、やはりベースにあるのが家族の物語であるというところかと。そこが国境を越えて世界の人の琴線に触れるんですよ。

sw_tfa_sub_01_large

sw_tfa_sub_03_2_large

sw_tfa_otherphoto_04_large

【『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』に通じる世界観】

これまでのシリーズを見た人は『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を見終ると『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』からなるルーク・スカイウォーカー三部作へのオマージュだと感じるかもしれません。

ダース・ベイダーとルークが親子だと知ったときの衝撃、父と息子が闘う悲劇、あのときのあの感動が甦ってくるストーリーなのです。また自身の超人的なパワーに気付かない、あるいは封じている者が、その力に抗えなくなっていく姿も見ることができるでしょう。そこには家族の強烈なDNAがあり、そのパワーを自分の物にすることから、道は開けていくのです。そしてそれはひとりのキャラクターの問題ではないのです。

sw_tfa_sub_04_3_large

ちなみに『スター・ウォーズ』前シリーズで、コメディリリーフ的な役割でホノボノさせてくれたC-3POとR2-D2は新作でも登場。C-3POのせっかちでせわしないという変わらなさにほっとし、おいしいところを持っていくR2-D2にニヤニヤ。そして新キャラのBB-8は母性本能をくすぐるキャラ。丸いフォルムだけでもかわいいのに、首をかしげるようなしぐさをするんですよ~。女子の「かわいい~かわいい~」という声が聞こえてきそうです。

sw_tfa_otherphoto_02_large

sw_tfa_sub_03_1_large

【新たなスターの誕生に拍手!】

Pouchが直撃インタビューをしたヒロインのデイジー・リドリーとジョン・ボイエガは大活躍! 全編ほぼ出ずっぱりです。特にデイジーは主役のレイですからね! 孤独に生きてきた女性が、あることをきっかけに闘うことを余儀なくされ、そこで自身のパワーに気付かされるのです(実はすでに気付いていたような気も)。

sw_tfa_sub_03_5_large

レイはよく走り、よく闘い、ずっと躍動しているヒロイン。これからのハリウッド女優は、デイジーのようにアクションもこなせる体育会系がきそうですね。

sw_tfa_otherphoto_01_large

そして『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を見て「これは人気が出るかも!」と感じたのは悪役カイロ・レンを演じるアダム・ドライバー。来日記者会見やプレミアでも生アダムは見たのですが、そのときはそんなに素敵とは思わなかった。しかし、スクリーンでのアダムはオーラあり! 悪の権化なのですが、どこかに1ミリ迷いがあり、常に葛藤しているんですよ。ダース・ベイダー的なポジションですが、ベイダーほど絶対の存在じゃないところが逆に「何考えているのだろう」とミステリアスに映り、今後の活躍が楽しみです。
sw_tfa_sub_03_3_large

ちなみに「前シリーズ1作も見たことない」という人でも新たな物語なので楽しめます。でも、より楽しみたいと思ったら『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』からエピソード5、6と続く三部作を見ておくと、楽しさは倍増しますからオススメですよ!

執筆=斎藤 香(c)Pouch

sw_tfa_otherphoto_03_large
sw_tfa_sub_03_4_large
sw_tfa_sub_04_1_large
sw_tfa_sub_03_6_large
sw_tfa_sub_04_4_large
sw_tfa_sub_04_2_large

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
(2015年12月18日より、TOHOシネマズ日劇ほか、全国ロードショー)
監督:J・J・エイブラムス
出演:ハリソン・フォード、キャリー・フィッシャー、アダム・ドライバー、デイジー・リドリー、ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック、ルピタ・ニョンゴ、アンディ・サーキス、ドーナル・グリーソンほか
(C) 2015Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved

この記事の動画を見る

オリジナル記事: 超話題作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を見た~! 体育会系女優デイジーの大活躍と悪役カイロ・レンのマスクを取ったイケメンぶりに悶絶して!【最新シネマ批評☆】
Copyright© Pouch[ポーチ] / SOCIO CORPORATION. All rights reserved.

●関連記事