その存在はもちろん知っているけれど、日常生活でなかなか履く機会のない足袋。着物を着て草履や下駄を履くときには欠かせないアイテムですが……なかなか、ねえ。また、ゴム底付きで屋外で履ける地下足袋というのもあるけれど、そちらもあんまり馴染みがありません。

でも、こんな足袋だったら、いろんなコーディネートを楽しめそう?

靴下やストッキングでおなじみ、創業135年の老舗「福助」から、和服にも洋服にも、そしてコスプレにも合いそうな「足袋シューズ」が発売されました。ちょっと変わった見た目をしているけれど、これはこれでなんだかオシャンティーかも。

【サブカル女子も大満足!?の足袋が誕生】

「足袋シューズ」は、足袋とソールが一体になった靴のこと。斬新でポップで個性的なビジュアルながら、そこは足袋の老舗の商品。足袋と同様に日本製にこだわり、職人が一足ずつ丁寧に仕上げているこだわりが詰まったアイテムです。

厚底ソールなのに足袋、ってのがアンビバレントな感じでステキ。生地違いの2タイプがあり、ソフトタッチのスエード「ソフィア生地」はホワイト、ブラック、レッド、パープルの4色展開。ストレッチ足袋と同じ「エステルコットン生地」はホワイト、ブラック、レッドの3色展開で、サイズは22.5~27cmの全10サイズあり。価格は1万5000円(税抜)。

なお、「足袋シューズ」は実際に試着した後、受注のみの販売となっているみたい。第1回目の受注会は、8月5・6日、愛知県名古屋市で開催の「世界コスプレサミット2017」オアシス21会場にて実施。それ以降、不定期で行われる予定なのだとか。気になるオトメは「福助」の公式サイトをマメにチェックしなきゃ、ですネ!

参照元:プレスリリース福助
執筆=夢野うさぎ (c)Pouch

元の記事を表示