毎日仕事に追われているうちに、ふと鏡を見て「なんだか老けこんできたかも……」と感じるときはないだろうか?

忙しい日々を送っていると、自分のカラダへの意識もおろそかになり、十分なケアを怠ってしまう人もいるだろう。

でも、そんな風に“気を抜いているとき”に、ちょっとイイなと思う男性と出会ってしまったら…… 実際よりも“老けている女性”という印象を与えて、スタート段階でつまずいてしまうかもしれない。

そこで今回は、ランキングサイト『gooランキング』が公表している調査情報も参考にしつつ、ケアの手を抜くと老け顔まっしぐらになってしまう女性の顔の重要パーツ3つについて、美容ジャーナリストの筆者からお伝えしたい。どんなに忙しくても、ココだけは手を抜かないようにしよう!

 

■1:肌

同サイトの「年齢がバレる!と思う体の部位ランキング」で、満点を獲得してトップになったのは、ズバリ“肌”。

忙しかったり疲れていたりすると、ケアも雑になりがちだが、とにかく意識すべき肌ケアの基本は、洗顔と保湿だ。

メイクはその日のうちに落とすこと、そして肌の調子が悪いときはいつもの1.5~2倍の保湿をすること。この2点を忘れずに、最低限のケアを怠らないようにしておきたい。

肌が荒れていると、実年齢以上に老けて見えるので、毎日のケアがものをいうパーツなのだ。

 

■2:目元

同ランキングで2位になっている“目元”も、印象年齢を左右する部分なので気をつけよう。

目元の乾燥は実年齢以上の“老け顔”を招くので、どんなに疲れていても十分な保湿を心がけておきたいパーツだ。

アイクリームを活用したり、化粧水のコットンパックをするなどして目元のハリを保つようにすることをオススメする。

まるで老婆のような“シワシワの目元”では、せっかくの恋も逃げてしまうかもしれない……!

 

■3:首

そして、“首”も女性の印象を左右するパーツだ。

同ランキングでも3位にランクインしているが、乾燥していたりシワが目立ったりすると、実年齢以上に“老け顏”の原因になる。

“デコルテまでは顔の一部”と認識し、優しく洗うことはもちろん、保湿ケアも顔と同様にしっかりと意識しよう。

首元のシワが気になるときは、ハリを出す効果があるフェイスクリームでケアするのもオススメだ。

 

以上、ケアの手を抜くと“老け顔まっしぐら”になってしまう女性の顔の重要パーツ3つご紹介したが、いかがだろうか?

疲れているときほど、カラダのケアも雑になりがちだが、キチンとケアすれば、ちゃんとカラダは反応してくれるもの。

鏡に映った自分を見て“老けっぷり”にギョッとすることのないよう、どんなに忙しくてもこれらの部位のケアは怠らず最低限気をつけておくといいだろう。

 

【参考】

あわせて読みたい