イギリスで開催された世界最大級のドッグショー「Crufts 2017」に出場。会場を大いに沸かせていたのは、ジャック・ラッセル・テリアのオリー(Olly)です。

救助犬としての機敏さを競う「Rescue Dog Agility」コースに現れたオリーは、観る者の度肝を抜く勢いの猛スピードでコース中を駆け巡るのですが……。

あまりに勢いがありすぎて、失敗もいっぱい。時折コースからはずれて壁のニオイを嗅ぎにいったりと、自由なことこの上ないんですよね。

【過去は振り返らない主義です】

スタート早々ハードルに激突し、バーを落としてしまったオリー。

本来ならばぴょーんとハードルを飛び越えなければいけなかったわけなのですが、失敗してしまったものはしょうがない。さっさと次へ行く潔さが、実に気持ちいいっ!

【ワンコ「しっぱい? なにそれおいしいの?」】

続いてオリーは、先ほどの失敗を取り返すかのように、次々ハードルを飛び越えていきます。

弾丸が行くようなスピードで機敏さをアピールしますが、ジグザグ歩行がうまくできずに苦戦。最後のほうでは、コースからはずれて壁の匂いをかぎに行っちゃったりも……。

観客も解説も自由奔放なオリーに爆笑。当の本人(犬)は、失敗しようがぜーんぜんダメージを受けていない様子ですけども。ってか、むしろ楽しそうなのよねぇ……憎めなくってきゃわゆい。

【よく頑張ったで賞をあげたい】

「スピーディー」という点においては文句なしですが、少々おっちょこちょいでマイペースなところがたまにキズ。だけどそこが大きな魅力でもあるオリーの名演技は必見です。

海外メディア Mashable によれば、入賞は叶わなかったようです。でも、わたし的「頑張りました大賞」は間違いなくオリー、あなたよ……!

参照元:YouTubeMashable
執筆=田端あんじ (c)Pouch

元の記事を表示