「はなまるうどん」といえば讃岐うどんのチェーン店。温かいのから冷たいの、つけだしにかけだし、バラエティ豊かなトッピングとさまざまなメニューがリーズナブルにそろいます。

が、それは「讃岐うどん」に限った話かと思いきや……2017年6月2日から登場するのはなんと「うどん県のそうめん」! いったいなぜ「はなまるうどん」であえて「そうめん」を売ろうというんでしょうか……!?

【香川県はそうめんも名産品】

「うどん県」といえば香川県のことであり、讃岐うどんが有名。これは誰もがよく知るところですが、実はそうめんも名産品のひとつなのだとか。

そこで、香川で昔から食べられていたシンプルなそうめんを味わってもらいたいという願いから「うどん県のそうめん」を販売する流れになったといいます。

【香川産そうめんに3種の薬味をトッピング】

商品名がとてもストレートでインパクトある「うどん県のそうめん」。麺はもちろん、香川県産のそうめんを使っているそう。つけだしは讃岐ならではの「いりこだし」のつゆに「煮切りみりん」を加え、甘みのあるつけつゆに仕上げてあります。

特製の薬味は3種類! 「蒸し鶏ほぐしの練り梅添え」「錦糸卵」「オクラの鯛味噌ゴマ和え」と、家ではちょっと作らないような付け合わせになっていて気が利いています。さらにフリートッピングのおろし生姜、ごまも合わせれば、いろいろと自由に味を変えてそうめんを楽しむことができそうです!

【数量限定販売だよ〜】

「うどん県のそうめん」のお値段は税込480円。一部店舗を除く全国の「はなまるうどん」にて数量限定での販売になります。

暑~い日につるつるとすする冷たいそうめんは、これからの時期ならではのごちそう! この夏は「はなまるうどん」に行ったら、うどんもいいけど、そうめんを頼むのもアリかも!?

参照元:はなまる
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

元の記事を表示