2017年春夏コレクションのランウェイで注目が集まっていたのは、ストライプ、花柄やボタニカル、そしてアニマルモチーフ

アニマル柄はコレクションのたび話題にのぼりますが、2017年は模様というよりも動物そのもののモチーフが多く見られた印象でした。たとえば、アルマーニとかね♪

アニマルモチーフがキテる今だからこそ紹介したいのが、フランスの高級ジュエリーブランド「ブシュロン」のアニマルコレクション。

【高級感たっぷり…だけどいい感じにポップ♪】

ヒョウにオウム、シカにパンダにハリネズミ、そしてカメレオン。個性豊かな動物たちが色とりどりの宝石で表現されたジュエリーは、見るからにラグジュアリー。だけど、同時にカラフルでポップな印象もあります。

これぞ “オトナの遊び心” という感じで、自分へのご褒美としてフンパツしたくなっちゃほどの魅力があるんですよね♪

【色とりどりの宝石をぜいたくに使用】

動物たちの目や体の模様などを表現するべく用いられているのは、ダイヤモンドにエメラルド、ルビー、サファイヤなどの宝石。ゴールドを土台にし、数種類の石を散りばめたリングやネックレス、イヤリングは夢のように美しくって、時間も忘れて見入ってしまいます。

【めちゃめちゃ高額でびっくり】

しかし、そんな「ぽ~っ♡」とした気分に水を差すのが、お値段。ぜいたくな作りなだけに、どれも目ん玉飛び出ちゃうような金額でして、高級なものだと700万円超えのものも! エメラルドの笹につかまったパンダのリングに至っては「価格はお問い合わせ下さい」になっています……。

だんだん感覚がマヒしてきて、81万円のハリネズミのリングが比較的リーズナブルに思えてくるから怖ろしいわ~。

【眺めるだけでも幸福感アップ♡】

ってなわけで、現実的にはゲットするのはなかなか難しいジュエリーですが、見るだけならタダ♪ 感性を磨き心を潤わせるべく、さっそく「ブシュロン」ウェブサイトをチェックしてみてくださいっ。

参照元:ブシュロン ジャパン
執筆=田端あんじ(c)Pouch

元の記事を表示