魚を飼っているのに水換えが不要、ついでに無農薬の野菜やハーブまで収穫できるって、マジですか……!?

一石二鳥どころではない驚きの商品を開発したのは、株式会社おうち菜園。魚を飼いながら野菜も育つ家庭用キット「アクアスプラウトSV」(さかな畑)が1万円で届くプロジェクトが、クラウドファンディング「未来ショッピング」で始まっています。

【魚と野菜が同時に育つ! その仕組みは?】

「アクアスプラウトSV」は、2015年12月に発売した商品「アクアスプラウト」(定価3万4800円)のリニューアルに合わせて登場。

このキットに取り入れられているのは、「アクアポニックス」という考え方。魚のフンで汚れた水槽の水は、ポンプで野菜が育つエリア(野菜ベッド)に送られます。

そこで微生物が汚れを分解し、野菜が栄養分として吸収。キレイになった水が水槽に戻り、水が循環する……という仕組みです。そのため、野菜への水やり、肥料、草取りは不要。なるほどこれなら無駄がない~~~!!

取り付けは、45cm水槽に上からかぶせるだけと非常に簡単で、電気代も月々100円ほどとお値打ちのようです。

【インテリアとしてもかなり優秀なのです♪】

「アクアポニックス」を家庭用キットにした「アクアスプラウトSV」は植物を枯らしてしまう人にもピッタリ。お部屋に生態系を生み出してくれるので、やることといえば「魚に餌を上げること」だけ。

しかも、できる野菜は無農薬でオーガニック。土を使わずに栽培するので虫も付きにくいらしいから、一風変わったインテリアとしても最適ですよねぇ♪

【9月30日まで受付中】

プロジェクトの締め切りは9月30日で、販売台数は600台。目標額達成の有無を問わず、チケットを購入した時点で売買契約が成立します。水槽付きのプランもあるようなので、詳しくは「未来ショッピング」を見てみてください。

目にも鮮やかな野菜の緑と、水槽の中でゆらゆらと泳ぐ魚たち。想像するに癒し効果も抜群であろう「アクアスプラウトSV」。環境について考えるきっかけにもなりそうな、ナイスアイディアな逸品ですね!

参照元:プレスリリース未来ショッピング
執筆=田端あんじ (c)Pouch

元の記事を表示