身長が低いと服のバランスが難しく、コーディネートに悩む女性は多いはず。お店や雑誌で素敵なアイテムを見つけても、試着するとなんか違う……。150cm台以下の身長で小柄なSサイズさんは、どうしても服に“着られてる”感が出てしまいがち。

10cm以上の高いヒール靴はスタイルアップに有効ですが、毎日の通勤靴にするには不向きですよね。ファッションライターである筆者も、153cmのSサイズ。身長が低いのが一番のコンプレックスですが、その分スタイルアップできるコーディネートを研究し、身長を高く見せるスタイルアップ術には自信があります。

スニーカーなどぺたんこシューズでも、コツさえ心得ておけば十分バランス良く仕上がるのです。そこで今回は筆者が、Sサイズさん必見のスタイルアップ術3つをご紹介します。

1:トップスはコンパクトに

Sサイズさんが意識すべきは、全身の縦のライン。コーディネートはIラインですっきりとまとめるか、ボトムスにボリュームを出すAラインがスタイル良く見えるシルエットです。Iライン、Aラインともに共通しているのは、上半身はコンパクトであるという点。

トップスにボリュームを出してしまうとどうしても全体のシルエットの横幅が広くなり、バランスが崩れます。

スタイルを良く見せるには、ピタッと体に張り付くまでとは言わずとも、ルーズではないタイトめのトップスでコンパクトに。シフォン素材などふわふわとボリュームがあるアイテムなら、必ずハイウエストのボトムスにインしてヘソから下はボリュームダウンさせてくださいね。

お尻まで隠れるチュニックなどは、身長の低さを強調してしまうので避けたほうがベター。もしも着たいのであれば、ハイヒールが必須です!

2:ふんわりボトムスはSサイズさん向き

オフィス服として活躍してくれるワイドパンツやガウチョパンツ、ミモレ丈スカートなど、ボリュームのあるボトムスはSサイズさんにぴったりのアイテムです。コンパクトなトップスとのメリハリで、身長を高く見せ、スタイルアップ効果も最大限に!

また、Iラインを作ってくれるスキニーパンツを選ぶなら、トップスはインしてウエストを強調しましょう。

ロングスカートやパンツなどを履きこなすには、足首が見えるクロップド丈にすることもポイントです。少しの肌でヌケ感を与え、こなれた印象を作ってくれるため。足首の華奢な部分を出すことで、着痩せ効果も期待できますよ。

3:ワンピースは膝下丈の縦ラインを作る

これからの季節は一枚でサラッと着られるワンピースがオフィス服として活躍してくれそう。1で述べたように、もちろんワンピースも全身の縦のラインを意識して選びましょう。

膝上丈はどんな形のワンピースを選んでも、Sサイズさんには子どもっぽい印象を残してしまうため膝下丈を。ウエストにベルトなどをつけてマークすれば、スタイルアップが叶います。

柄物ワンピースを選ぶ時は、大きいモチーフよりも小さいモチーフの方がSサイズさんの身長とのバランスは良好です。

以上、Sサイズさん必見のスタイルアップ術3つでしたが、いかがでしょうか?

これらはぺたんこシューズや5cm以下のローヒールの足元の時に、とくに意識すべきポイントです。真逆のファッションを楽しみたい日は、ヒール高めのシューズを味方につけて、自由に着たい服を楽しみましょう。

身長の低さをカバーしてくれるスタイルアップ術、ぜひ実践してみてくださいね!