飲み会の席ではお酒も入って酔いもまわるため、気が緩んでしまうものです。つい本性を見せてしまうことがあります。

気が知れた友人との席ならまだしも、男性との出会いの場や、上司と一緒のときは気を抜きすぎるのは禁物です。芸能人同士で共演NGがあるように、一般人同士でも同席NGとされてしまいかねません。

今回は、『BizLady』が500名の男性に「飲み会でもう同席したくないと思う女性の振る舞いは?」というアンケートを実施したので結果をご紹介します。

4位:お金を払おうとしない・・・39人

女性だからといって、ご馳走してもらうのが当たり前という態度は印象が悪いです。楽しんだのであれば、相応の代価を払うのは当然のこと。代金を払わないというのは、楽しくなかったという意思を示すのと同じです。

そんな女性に対して、男性が以後、同席NGを出してしまうのも仕方ありません。たとえご馳走してもらうとしても、お財布を出すくらいの素振りは必要。さらに、丁寧にお礼を言うのが大人の女性として求められることでしょう。

同率4位:店員への態度が悪い・・・39人

仲間内ならまだしも、店員にまで態度が悪い女性は周りを嫌な気分にさせます。明らかに見下したような接し方は、同席者を凍りつかせます。

そんな女性とは一緒にお酒も飲みたくないし、自分の仲間を紹介したいとも思いません。今後は、同席NGとなっても仕方がないでしょう。

3位:食事のマナーが悪い・・・41人

食事の席でマナーを守るのは、基本中の基本。口のなかに食べものが入ったまま会話をしたり、テーブルに肘をのせたりするような仕草は、見る人を不快にさせます。電話をしながら食べるような態度もいけません。

食事のマナーが悪い女性は、育ちの悪さを感じさせます。きっとほかの部分でも至らない点が多々あると判断されてしまうかもしれません。

2位:酒癖が悪く泥酔する・・・55人

お酒の席で人に絡んだりするのは、ある程度なら許されます。女性であれば、可愛らしい印象にも繋がることも。でも、度を越して周囲に多大な迷惑をかけるのは禁物です。

自分の飲める量を把握してこそ大人の女性です。もし、迷惑を掛けてしまったのなら、後日しっかり謝ること。そうでなければ、周りからどんどん人がいなくなっていく可能性もあります。

1位:タバコを頻繁に吸う・・・56人

少し前であれば、お酒の席でタバコは付きものと考えられていました。文句を言うどころか、当然のことと受け止めていたはず。それが今やタバコは、お酒の席でも嫌厭されるようになってしまいました。

やめるか、気を遣って別の場所で吸うか、としたほうが良さそうです。

以上、“飲み会でもう同席したくないと思う女性の振る舞い”についてでしたが、いかがでしょうか?

飲み会で自分は楽しんでいたのに、なぜかもう呼ばれなくなったという方は、上記のようなケースにあてはまっている可能性があります。自分の行動を今一度見直し、同席NGの判断を下されないよう改善してみてはいかがでしょうか。

元の記事を表示