ウィークデイのランチタイムは、仕事から束の間でも離れることができ、ホッとするひとときですよね。お昼時を心地よく過ごすことが午後への活力に繋がる、という女性も少なくないのではないでしょうか?

でもそんなランチタイムが、居合わせた人の行動が原因で台無しになってしまうことも!

今回は『BizLady』が男女500名に実施した調査によって明らかになった、ランチタイムにイラつかせる女性の行為ワースト5をご紹介します。

ランチタイムに周囲をイラつかせる女性の行為は

「平日のランチタイムに見かけて、イラっとしたことのある女性客の行動に当てはまるものをすべて選んでください(複数回答可)」と質問したところ、4位と5位に選ばれた回答は以下の通りになりました。

5位:大声で社内の人の噂話をしている(23.0%)

4位:混雑しているレジで、会計の割り勘・別会計を申し出ている(25.0%)

周りには知らない人しかいないことをいいことに、あまりに大きな声で噂話をしている女性たちを見ると気分を害する人も多いよう。また、混雑しているレジでの割り勘申請は、スムーズにいかず時間がかかってしまうこともあるので、待っている人が多い場合は避けたいところですね。

では、ワースト3にはどんな行為がランクインしたのでしょうか。

3位:大声で「他社の悪口や噂話」をしている(25.2%)

同僚と外食ランチをしていて、「そう言えばさー、午前中来た●●商事の●●さん、ありえないよねー。あんなこと言ってるけど、ちゃんと会社が教育しないのかしらねー」などと大声で話している悪口が聞こえてくると、ギョッとしますよね。

当人たちは「知っている人はいないから大丈夫」と思っているのかもしれませんが、どこで誰に聞かれているかわかりません。社会人として不用心な行為と言えるでしょう。

2位:食事が終わったのに「スマホをいじっていて席をあけない」(33.2%)

まだお昼休みが残っているからといって、食事は終えているのに一向に席から立たない女性を見かけることがありますよね。

空席がたくさんある店では問題ないかもしれませんが、混雑していたり行列までできている店でされてしまうと、「あの女性、自分のことしか考えていないのかなー」と思う人が多いよう。

ゆったりと過ごしたい気持ちもわかりますが、譲り合いの精神はランチタイムにおいても大切ですよね。

1位:歩道に「数人で横並びになって」タラタラ歩いている(47.0%)

半数近い47.0%が選び1位になった行動は、「歩道に数人で横並びになってタラタラ歩いている」でした。

数人でランチに向かう際、みんなの歩調を合わせて歩こうとしてスピードが遅くなってしまうことも。

しかし、そんな女性グループに対し、「早く歩いてよ! こっちは急いでいるのに」というイライラしてしまう人が多いことが判明しました。

急いでいる人の立場になって考えてみれば、歩道を占拠して歩かないことがマナー。話が盛り上がったからと言って、つい周りが見えなくなってしまわないように気をつけたいものですね。

以上、ランチタイムに周りを不快にさせる女性の行為ワースト5でしたが、いかがでしたか?

自分自身が当てはまらないか、今一度ランチタイムの態度を振り返ってみてもいいかもしれませんね。

元の記事を表示