pixta_12669404_S

自分の普段の生活や周りの風景などの写真を撮って、SNSにアップするのがごく一般的な行為になってきています。「いいね」を押されると、案外嬉しいものです。

しかし、自分が良かれと思って投稿したものの、見る人にとっては不快に感じてしまうものもあります。男性から見れば「この人は注意したほうがいいな」と思ってしまうものや、女性や仕事仲間からも警戒されてしまうようなものも。

今回は、『BizLady』が500名の男性に「女性がSNSに投稿している写真やその傾向を見て警戒してしまうものは?」というアンケートを実施したのでご紹介します。

 

■3位:明らかに修正している写真・・・65人

最近のアプリの写真修整機能はかなり進化しています。肌を白くしたり、眼を大きくしたり、細身に見せたりと、自分で簡単に修正が可能です。でもそのぶん、見ている側も、写真が修整したものであるかどうかを判断する能力がアップしているのも確かです。

なかには、過剰な装飾を施し、自分の自信のあるパーツだけを見えるようにしてあるものもあります。そんな写真ばかりを見せられるのは、正直ウンザリ。どれだけ自分をよく見せたいんだと、呆れてしまう人も多いことでしょう。

やっぱり、写真は自然体が一番です。多少写りが良くなかったとしても、自然な笑顔などであれば「いいね」も押しやすいようです。

 

■2位:高価な料理や化粧品ばかり・・・113人

高価で美味しい料理や、高級な化粧品などを使うのは、女性にとって幸せのひとつであることは理解できます。しかもそれがプレゼントされたものであるなら、なおさら嬉しいことでしょう。

しかし、男性からすれば、「金のかかる女」と思ってしまうかも。もし付き合ったとしたら、高いお店に連れて行かなければならないし、プレゼントも高級なものを贈らなければいけないと思ってしまうもの。男性はプレッシャーとして受け止めてしまいます。

そんな女性には、どうも近寄りがたい。何でもないことで喜んでくれる女性こそが、男性の理想のひとつでもあります。いかに自分が恵まれているかを伝えたいのは分かりますが、小さな幸せも感じられる人間であることをアピールするような写真もアップできるといいですね。

 

■1位:ガラの悪そうな人たちと一緒に撮っている・・・125人

「類は友を呼ぶ」という言葉があります。自分とあまりにも環境の違う人とは知り合う機会は少ないし、仲良くなることなどほとんどありません。やっぱり、親しくなるのは自分とどこか似ている人たちです。

つまりは、周りにいる人たちを見れば、その人がどんな人物か、おおよその見当がつきます。同じ写真に写っているのがガラの悪そうな人たちとばかりだとしたら、同じ類の人だと判断されても仕方ありません。

気の合う仲間とワイワイ騒ぐのは楽しいかもしれませんが、そういった写真を撮ってアップすれば警戒されてしまうのは当然です。とくにお酒に酔った勢いで投稿してしまうことが多いので、注意したほうがいいでしょう。

 

以上、男性が警戒する“SNSのNG投稿写真”でしたが、いかがでしょうか?

写真一枚でも、印象はかなり変わるもの。それがプラスに働けばいいですが、マイナスになるのはもったいない。感動して撮ったものでも、すぐに投稿するのではなく、いったん気持ちを静めてからアップしたほうがいいかもしれません。

 

【写真】

※ xiangtao / PIXTA(ピクスタ)

あわせて読みたい

2位高級品ばかり!男性を警戒させる「SNSのNG投稿写真」1位はBizLady(ビズレディ)で公開された投稿です。