最近では産休・育休後に職場復帰する女性が増えているのを感じますよね。

今回は、エーザイが共働きの30~40代の既婚男女500名を対象に実施した「“働く女性の仕事と家庭生活の両立”に関する意識・実態調査」の結果をご紹介しましょう!

結婚後も働き続ける理由は「金銭的事情」がトップ

調査ではまず、既婚男女双方に「女性(妻)が結婚・出産後も働き続ける理由は?(複数回答)」と尋ねました。すると答えは、

5位・・・キャリアが途切れることへの不安があるから(19%)

4位・・・働いている自分が好きだから(22%)

3位・・・福利厚生など職場の制度面が充実しているから(26%)

2位・・・仕事にやりがいを感じているから(36%)

1位・・・金銭的事情があるから(59%)

という結果となりました。

圧倒的1位は「金銭的事情があるから」。

結婚・出産後に妻が退職し、共働きのダブルインカムから夫だけの収入になってしまうと、生活にあまり余裕がない状況に陥ってしまう可能性も。子育てはもちろん、リストラや離婚、病気、ケガなどの可能性を考えても、やはり収入源が1つでは不安という人が多いのでしょう。

2位は「仕事にやりがいを感じているから」。やりがいを感じるキャリアがあれば、たとえ家庭との両立が大変でも、辞めるという選択肢はないのかもしれません。

女性たちの疲れ対策1位は「栄養ドリンクを飲む」

しかし、いくら仕事が好きでやりがいを感じていても、どうしようもなく疲れやストレスがたまってしまうこともあるはず。

「“ここぞ”という時の、疲れ対策は?(複数回答)」と女性に尋ねると、

5位・・・湯船につかる(14%)

4位・・・スタミナのつくものを食べる(16%)

3位・・・マッサージをする(19%)

2位・・・たっぷり寝る(23%)

1位・・・栄養ドリンクを飲む(33%)

という結果でした。

1位は「栄養ドリンクを飲む」。「エネルギーが足りないな……」というとき用に、会社や自宅の冷蔵庫に好きなエナジードリンクを確保しておく人が多いのかも。

そして2位の「たっぷり寝る」は、疲れ対策だけでなく、美容と健康維持の面でも必須。ぐっすり眠れば翌朝にはリチャージされていそうです。

ちなみに、6位は「甘いものを食べる」(12%)、7位は「サプリを飲む」(11%)でした!

ハワイで働く女性の“疲れ&ストレス解消法”は?

筆者の暮らすハワイは、暮らしやすい気候や風土に恵まれているとはいえ、生活費が世界の他都市に比べ高額なことで悪名高い土地。そんなハワイで暮らす既婚女性には、“仕事をやめて家庭生活に専念する”という選択肢が経済的に存在しない場合が多いのです。

そこで、ハワイで働く女性3人に疲れとストレスの解消法を聞いてみました。

不動産管理の仕事をするY子さん(44歳)の家庭は、夫と子ども2人の4人家族。

Y子さんの解消法は、「毎晩ワインを飲むことと、大好きなドラマを観ることですね。週末は寝だめして徹底的にのんびりしています」だそう。また、「一生懸命働いているご褒美として、ランチは美味しいものを食べる」とのことです。

ヘアスタイリストのT子さん(39歳)は、夫と子ども1人の3人家族。

「休みのうち1日が平日なので、その日は“自分の日”と決めてジムに行っています」と話します。総合施設であるため、ジムでヨガのクラスを受けたり、マッサージを受けたりして“自分のための1日”を過ごすそうです。

コーディネーター業を営むH恵さん(48歳)は、夫と子ども2人の4人家族。

「働きすぎると自分の中でバランスが崩れるので、週末は海でサーフィンをして疲れを取っています」と話していました!

以上、“働く女性の仕事と家庭生活の両立”と“疲れ&ストレス解消法”についてでしたが、いかがでしょうか?

「仕事も家庭生活も抜かりがないように」と頑張り過ぎていると、知らないうちに疲労やストレスが限界に達し、プッツンと切れてしまう……ということにもなりかねません。

自分なりの疲れ&ストレス解消策で、たまには適度に発散してエネルギーを充填することをお忘れなく!

【参考】

 「働く女性の仕事と家庭生活の両立」に関する意識・実態調査 – エーザイ

元の記事を表示