気温が上昇してくると気になるのが腕やワキ、脚などの“ムダ毛”。満員電車の中やオフィスで、ふと上着を脱いだ瞬間、そばで見ていた人に“ギョッ”とされたら、印象が台無しになることは確定的。

ではそんなムダ毛問題で、女性たちは今まで男性にどんなことを指摘され、イラッとしたり恥ずかしい思いをしたりした経験を持つのでしょうか?

脱毛に関するサイト『NII-NA(ニーナ)』が女性215人を対象に実施した「“ムダ毛・脱毛”について男性から言われたイラっとした言葉に関する調査」の結果をご紹介します!

99%が“男性からのムダ毛コメント”にイラついた経験あり

調査ではまず、女性たちに「男性からの“ムダ毛・脱毛に関する一言”に、イラっとした経験はありますか?」と尋ねると、なんと99%が「ある」と回答。なんと、女性たちのほとんどが何らかの形でムダ毛に関して男性から指摘をを受け、イラついたことがあると判明しました!

 では、いったいどの箇所について言われたのでしょうか?

「どの部位に関するコメントでしたか?」と尋ねると、

1位・・・足・脚(24.0%)

2位・・・腕・手(17%)

3位・・・ワキ(16%)

4位・・・顔(11%)

5位・・・VIO(10%)

という部位が上位に。

他にも、6位「背中」(6%)、7位「全身」(3%)などという人も。

1位はやはり目に付きやすい「足・脚」。脱毛していないのにストッキングを履くと、隠すつもりがなおさら目立ってしまうことも……!

2位は「腕・手」。春夏は特に目立ちやすい箇所。女性の腕にふさふさとした腕毛があるとギョッとされてしまうようです。

そして3位は「ワキ」。見られて恥ずかしいムダ毛NO.1とも呼べるワキ毛、春夏はとくにしっかり処理しておきたいものです。

「俺より毛深くね?」

「女なのにヒゲ生えてる」

「足の毛もっとちゃんと剃らないと女として終わってる」

「ブツブツして女の脚じゃないみたい!」

などと男性にデリカシーのない指摘をされた女性もいたそうです。

日本人女性のムダ毛にアメリカ人男性がビックリ!?

さて、ここで誰もが気になるのは“VIO”、つまりアンダーヘアの処理ではないでしょうか?

日本ではもともと“アンダーヘアは処理するもの”という概念が薄いようですが、近年は欧米の影響もありブラジリアン・ワックスやレーザー脱毛で処理している人も増えたようです。筆者の住む米国はムダ毛を嫌う人が多く、とくに若い女性は念入りに脱毛ケアをしているのが普通。

そんな米国で、日本人女性と米国人男性がカップルになると男性にギョッとされることが多いようです。筆者が他の男女から聞いたコメントでは、

「日本人女性はどうして下だけモジャモジャなのか」という素朴な疑問から、

「色が白いから黒いアンダーヘアが妙に目立つ」、「せめて伸ばしっぱなしはやめて」というちょっとショックなものまで。

中には、「あの最中に真顔で“お願いだから処理して欲しい”と頼まれた」と気まずい体験をした女性も……。

ヨーロッパの男性はまた違うかもしれませんが、米国人男性とお付き合いする場合は、注意しておいた方がよさそうです!

以上、“ムダ毛・脱毛”について男性から言われたイラっとした言葉でしたが、いかがでしょうか?

これから夏になると水着になる機会も増えます。ムダ毛で恥ずかしい思いをしないよう、“コントロール”してくださいね!

【参考】

 【女性215人が回答】ムダ毛・脱毛について、男性の「こんな一言」にイラッとしました(怒)! – NII-NA