毎日フルで働いていればストレスは自然にたまるもの。仕事の他にも人間関係や家事、育児など、ストレスがたまる要因はいくらでもありそうです。

では、同じ女性でも、住む場所によってストレス度は違ってくるのでしょうか?

今回は、化粧品会社メディプラスのメディプラス研究所が全国の20~69歳の女性約7万人を対象に実施した「ココロの体力測定」(ストレス指数チェック)で、2017年版「ストレスオフ県ランキング」をご紹介しましょう!

女性の“ストレスオフ県”1位は愛媛県!

調査では、ストレスオフの要因・環境を分析し「自分の生活ペース(セルフライフバランス)」「仕事と家庭生活(ワークライフバランス)」「社会生活(ソーシャルライフバランス)」と3つのライフバランス項目に分けて測定されました。都道府県別に結果を集計した結果、次のような順位になりました(数字はストレスオフ指数)。

<ストレスオフ県ランキング>

1位・・・愛媛県(51.3)

2位・・・島根県(44.3)

3位・・・徳島県(34.3)

4位・・・大分県(28.5)

5位・・・鳥取県(28.4)

6位・・・長崎県(28.1)

7位・・・青森県(27.8)

8位・・・佐賀県(23.1)

9位・・・宮崎県(22.6)

10位・・・広島県(21.4)

断トツ1位は温暖な気候でみかんの産地としても知られる「愛媛県」でした!

愛媛県は「セルフライフバランス」で1位、「ワークライフバランス」で5位、そして「ソーシャルライフバランス」で7位という結果に。

愛媛県人女性にストレスが少ない理由としては、「温暖な気候」「災害が少ない」「穏やかな人が多い」「治安が良い」「街と自然が近い」「子育てがしやすい」などが挙げられています!

ストレスの少ない県が持つ“ある特徴”とは? 

ストレスオフ県ランキングの10位以内に入った県を見ると、青森県を除き全て四国、中国、九州地方に集中しています!

ストレスの少なさは気候の温暖さに関係しているのかもしれませんが、それだけではなくストレスが少ないのが比較的人口の少ない地方の県であることが分かります。

では海外はどうでしょうか?

米経済サイト『WalletHub』の統計によると、気候が温暖なハワイ州は「最もうつが少ない州」1位、「最も幸せを感じる州」1位、「最も寿命が長い州」1位……などさまざまな分野で上位に入り、2016年の「全米で最も幸福な州」4位に。

また、別の『Gallup』の統計によると、ハワイは「最もストレスの少ない州」「最も幸福な州」で1位になっています。

生活費が高いハワイでは経済的ストレスが日本より大きいと言えますが、「気候が温暖」「アウトドアスポーツが盛ん」「犯罪が少ない」「健康的で穏やかな人が多い」「災害が少ない」「街と自然が近い」など、愛媛県と似た要因が多く存在します。

もしあなたが大都市での生活に疲れ、将来的に「ストレスの少ない場所に移住したい……」と考えているなら、“ストレスオフ県”の例から、

(1)過ごしやすい気候か

(2)中都市圏か

(3)子育てがしやすい(待機児童数が少ない等)か

(4)自然へのアクセスが簡単か

(5)治安が良いか

(6)災害状況はどうか

……などの点を考慮するといいかもしれません!

以上、ストレスオフ県ランキングでしたが、いかがでしょうか?

もしあなたが「ストレスオフ県」に住んでいなくても、今住んでいる場所でストレス解消に努めることは十分に可能。ワークライフバランスをしっかり考えつつ、自分にとって幸せでストレスの少ない生活にたどり着けるよう工夫してみてくださいね!

【参考】

ストレスオフ県ランキング – メディプラス

※ 2016’s Happiest States in America – WalletHub

※ Hawaii Remains State With Least Stress – Gallup

元の記事を表示