世界最大手のコミュニティ主導型マーケットプレイスのAirbnb(本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、日本語名:エアビーアンドビー)は、2017年6月12日(月)より、日本で初めて、TVでのマーケティングキャンペーンを開始しました。「Live There」と名付けたこのキャンペーンは、自分の周りの世界を違った視点で体験してみるように促し、旅行者に対して、地元の人たちの目を通した新しい視点からその都市を体験し、地元コミュニティを深く知りたいという気持ちになってもらうことを目的としています。

「Live There」キャンペーンは、東京を始め、名古屋、関西、福岡など各地の放送局を通じて「Live There」の30秒、15秒のTVスポットが流されるほか、紙媒体やデジタル媒体、ソーシャルメディアなどさまざまなプラットフォームを通じて展開する予定です。

本キャンペーンでは、だれでもどこでも「暮らすように旅をする」ことができるという、Airbnbのグローバルミッション ”Belong Anywhere”を訴求しています。このキャンペーンにより、日本の旅行者が旅を最大限に楽しみ、自分がそこで暮らしているかのように滞在先の文化に溶け込むことができる旅行を目指しています。

▼「Live There」キャンペーン動画
https://www.youtube.com/watch?v=jODDvghb_1s

【Airbnbについて】

2008年8月創業のAirbnbは、「旅行先で現地の文化とつながり、ユニークな旅行体験をすることで参加できる世界を創り出すこと」を指名としています。同社のコミュニティでは、世界191カ国6万5千以上の都市において、アパートやヴィラから城やツリーハウスにいたるまで、何百万というユニークな部屋へのアクセスが可能です。
https://airbnb.com/

元の記事を表示