BWRITEが2016年12月、20~40代の女性300人に対して実施した「ECについての意識調査」。その中から「キッチンアイテム」についてのレポートをお届けします。
※本調査における『キッチンアイテム』はキッチンツール、調理家電、テーブルウェアを指します。

キッチンアイテムのEC購入率は4割。最多は30代で45.0%。

まず、購入率から見てみましょう。どのくらいの女性が「キッチンアイテム」をECで買っているか調べてみたところ、約4割が購入経験者でした。「化粧品編」(※1)「ファッションアイテム編」(※2)でのEC購入率は、それぞれ、化粧品約6割、ファッション約7割。それに比べると低い割合です。

年代別では30代がもっとも購入率が高く、単身者の割合が高い20代でもっとも低いようです。

<Q:あなたは『キッチンアイテム』を『EC』でどのくらいの頻度で買っていますか?>

購入頻度は、どの年代でも「年に1回以下」が最多。さほど頻繁に購入するアイテムではありません。とはいえ30代では、月に1回以上購入する人が約10人に1人ほど存在しています。キッチンアイテムは、ライフスタイルや意識によって、購買行動の差が大きいとアイテムと言えそうです。

(※1) https://bwrite.biz/archives/14318
(※2)https://bwrite.biz/archives/14791

購入サイト1位は「楽天」。購入者の7割は「ファッション」も「楽天」で購入。

購入先では、1位は「楽天市場」、2位は「Amazon」でした。この順位は「化粧品」「ファッションアイテム」でも同様であり、ECサイト2強の強さが際立ちます。

<Q:ふだんキッチンアイテムを買っているサイト/アプリ>

「楽天市場」でのキッチンアイテム購入者について調べてみると、実にその約6割が「化粧品」を、約7割がファッションアイテムを同じ楽天で購入していました。

<Q:キッチンアイテムの「楽天市場」購入者における、同サイトでの他カテゴリ商品の購入状況>

「ファッション編」第2回レポート(※3)で、楽天での購入者はポイントを重視していることが明らかになっています。ポイントを重視する場合、より効率的にポイントが貯まるサイトで買いたいと考えるのが自然。そのため楽天ポイントをためているユーザーの中には、ほしいものがあれば、まず楽天で商品を探す、という行動パターンを持つ人が少なくないようです。

(※3)https://bwrite.biz/archives/14889

元の記事を表示